昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2000人が死亡!? 熱中症 40℃の炎熱地獄からあなたを守る「救命マニュアル35」

水分補給に最適な飲み物、エアコンの稼働時間、服装は……

source : 週刊文春 2013年7月25日号

genre : ライフ, 医療, ヘルス, 社会

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日~8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2013年7月25日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

熱中症が「認知症」「嚥下障害」をもたらす!?

 過去最悪のスピードで広がる熱中症。近年一番の猛暑だった2010年は、約5万4000人が救急搬送され、なんと1718人が死亡したが、

「7月7日現在、全国で7000人以上が救急搬送されています。これは2010年を大幅に上回るペース。今年は死者が2000人を越える可能性も否定できません」(全国紙厚労省担当記者)

©iStock.com

 死に至らなかったとしても、重篤な症状は認知症や嚥下障害などの後遺症をもたらす可能性もある。

 だが、熱中症は対策次第で予防が可能な病気でもある。正しい知識こそが我が身を助けるのだ。

特に危ないのは「高齢者」と「女性」

「人間は汗が蒸発する際の気化熱で体を冷やします。また、熱くなった血液を気化熱で冷えた皮膚に送ることで温度を下げる。ところが脱水症状になると、体内の水分が減って汗をかけなくなり、その結果、体に熱がたまり熱中症になるのです」(桐蔭横浜大スポーツ健康政策学部・星秋夫教授)

 重症化し、死に至るプロセスは聞くだに恐ろしい。

「体温が上がりすぎると、腎臓、肝臓などの内臓や脳が、徐々にダメージを受けていきます。目玉焼きを焼くと、透明だった白身がゆっくりと白くなっていきますが、似たようなイメージです。同じような状況が臓器の細胞で起きて多臓器不全となり、死に繋がるのです」(同前)

 とりわけ高齢者は重症化しやすい。2010年に死亡した1718人のうち、80%が65歳以上。これは(1)高齢者が暑さやのどの渇きに鈍感になっているからだという。実際、うだるような暑さの中で、長袖のシャツを着て上着を着ても、汗をほとんどかかないという人も多い。

 65歳以上の体温調整機能は、どんなに健康な人でも、20代の頃に比べると約3分の1程度に低下している。汗をかく量が減り、体内の熱を放散しづらくなっているからだという。

 そして、男性より女性のほうが熱中症になりやすい。

©iStock.com

 信州大大学院医学系研究科・能勢博教授が話す。

「女性は男性に比べて筋肉量が少ないのですが、実は筋肉というのは80%が水分なのです。その分、体内の水分量も少ない。それだけ脱水症状になりやすいということです。汗腺の数に男女差はないのですが、能力に差があり、女性の方がより汗をかきにくいという性質もあります」

 夫婦で同じ部屋にいて、妻だけが倒れるというケースも多いという。