昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キンプリ岩橋「活動再開」に待ったをかけた“原宿コンビニ警察沙汰”――2019上半期BEST5

2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。週刊文春デジタル部門の第1位は、こちら!(初公開日 2019年4月13日)。

*  *  *

〈先日、岩橋玄樹の一部活動再開をご報告申し上げましたが、改めまして、この度の一部活動再開を見送り、引き続きパニック障害の治療に専念させていただきますことをご報告申し上げます〉

 2019年2月28日、ジャニーズ事務所が発表した文書の一部だ。

King & Princeのデビューシングル「シンデレラガール」。写真左下が岩橋。

「外国人男性や警官らと共にパトカーに」

 この発表で一部活動再開が見送られることになったのは、昨年5月にCDデビューしたばかりのジャニーズの新星「King & Prince」のメンバー、岩橋玄樹(22)。岩橋は昨年10月、体調不良のために活動休止を発表。今年2月17日に活動再開を発表したものの、わずか11日後の2月28日に“活動再開中止”を公表したのだ。

 実はこの“空白の11日”の間に、岩橋は警察沙汰のトラブルを起こしていた。

「2月19日夜、キンプリの岩橋くんが外国人男性や警官らと共にパトカーに乗っていったのです」(近隣飲食店関係者)

コンビニで目撃された岩橋 ©文藝春秋

 この日、岩橋は複数の友人と酒を購入しようと都内のコンビニを訪れていた。

「原宿駅付近のコンビニで、岩橋くんはお酒を購入していました。そのときでした。若く見られたのか、店員さんが年齢確認のために身分証の確認を求めた。すると、岩橋くんは店員の態度に腹を立てたようで、急に激昂し店員さんへ食って掛かったのです。ジャニーズタレントである有名人の自分を知らなかったことで頭に来たのかも……」(岩橋の知人)