昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「風俗と一緒ですから……」 AOKI執行役員“LINEプレイ”を使った不倫の手口

〈かみさんとは、仲悪くないけど、15年以上してない〉

〈襲ったりしないし、紳士は嫌がることはしない〉

 こんなメッセージで女性を口説いていたのは、TVCMで有名な東証一部上場企業の執行役員だった――。

◆◆◆

 今春、九州に住む40代でタレントの江口ともみ似のB子さんが、スマホのゲーム「LINEプレイ」で遊んでいると、A氏からメッセージが届いた。

「『どこに住んでいるの?』など普通の会話から始まって、『今度、出張で行くからお茶でもしませんか』と誘われたんです。それくらいならと思って、会うことにしました」(B子さん)

紳士服業界2位のAOKI

 待ち合わせ当日の平日正午。B子さんが合流場所の駅に着くと、A氏はレンタカーの運転席で待っていた。

「『まあ乗ってよ』と言われ、しょうがなく乗ると出発。車中、私の太ももあたりを触りながら『かわいいね~』と囁いてきました」(同前)

 車はホテルへ直行。

「断ることができず、そこで肉体関係になってしまいました」(同前)

 コトが終わったとき、A氏はB子さんに名刺を差し出してきた。

「『名刺いる?』って聞かれましたが、受け取りませんでした。自慢のつもりだったのでしょうか」(同前)

 B子さんと逢瀬を重ねた夜、A氏はこんなメッセージを送ってきた。〈今日は、ありがとう♪〉、〈即抱きだから〉、〈会ったら、我慢できないからね〉。

LINEの二人のやりとり

 後日、出張でまた近くに来たA氏に呼び出され、B子さんは宿泊先のホテルへ行き、2回目の行為に。

「『これまでモテたことがなくて、今が楽しい』と言っていました。でも、その後、急に連絡がとれなくなった。それで、スマホゲーム上の知り合いにA氏のことを聞いたんです」(同前)