昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

木嶋佳苗死刑囚 獄中結婚3回目のお相手は「週刊新潮」デスク――2019上半期BEST5

2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。スクープ部門の第5位は、こちら!(初公開日 2019年4月24日)。

*  *  *

 交際していた3人の男性を殺害したとされる“首都圏連続不審死事件”で、2017年5月に死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚(44)。昨年1月、木嶋は3度目となる獄中結婚をしたが、その相手は「週刊新潮」のデスクだったことが、「週刊文春」の取材で分かった。

木嶋佳苗死刑囚

 社会部記者が解説する。

「東京拘置所にいる彼女は2015年3月に60代の不動産会社勤務の支援者男性と最初の結婚。彼女がメディア関係者に送った書簡では『セックスがないからこそ、ある種の緊張感が保てていると思う』などとノロケていましたが、翌年に離婚。その後、逮捕前から知り合いだった男性と再婚し、元夫とは養子縁組したことを『週刊新潮』(17年4月20日号)に寄せた“遺言手記”のなかで明かしています」

 昨年から司法関係者や彼女を逮捕した埼玉県警の関係者らの間では、再審請求に繋がる動きを警戒し、情報収集するなかで、「週刊新潮」のX氏の存在が浮上していた。

 実は木嶋のブログ「木嶋佳苗の拘置所日記」で、X氏は既婚者の「王子」として度々登場している。

〈●●●●王子から初めてお手紙を頂戴したのは、5年前の5月のことでした。実は王子の後輩や上司ともお目に掛かったことがありまして、かなりオープンでクリーンな交際を続けてきました。ディープな関係になったのは、去年からです〉(2017年5月29日)

X氏について触れた木嶋のブログ

 X氏について新潮社の関係者が語る。

「彼は40代前半で、記事を執筆するデスクのなかでも、編集長の右腕であり、ナンバー2といっていい存在。木嶋氏の“遺言手記”の担当デスクでした」

掲載された「遺言手記」

「週刊文春」がX氏に取材を申し込むと、新潮社で約1時間にわたって取材に応じ、結婚を認め、その理由について次のように語った。

「彼女の記事を手がけた後、死刑が確定するという流れがあって、取材者と被取材者の関係を超えて思いが募ったということです。相手をもっと知りたいと思った時に、手段として結婚の形をとる方向に傾いていったのです。今も悪くない関係だと思いますし、結婚に後悔はありません」

埼玉県警川越署から移送される木嶋佳苗容疑者(当時) ©共同通信社

 4月25日(木)発売の「週刊文春」では、木嶋とX氏の獄中結婚について、X氏のインタビュー、「週刊新潮」編集部のコメントなどとともに報じている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

2019年上半期 スクープ部門 BEST5

1位:屋外不倫は「……してはいけないことです」直撃取材に完落ちした“丸腰デカ”原田龍二
https://bunshun.jp/articles/-/13298

2位:〈証拠資料入手〉元モー娘・後藤真希の不倫ドロ沼裁判ボッ発!
https://bunshun.jp/articles/-/13297

3位:“頭脳王”東大生・河野玄斗 タレントとの「妊娠・中絶トラブル」を反省
https://bunshun.jp/articles/-/13295

4位:“戦争暴言”丸山穂高議員 国後島で「女を買いたい」と外出を試みる
https://bunshun.jp/articles/-/13294

5位:木嶋佳苗死刑囚 獄中結婚3回目のお相手は「週刊新潮」デスク
https://bunshun.jp/articles/-/13293

この記事の写真(6枚)

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

出典元

新天皇を悩ませる秋篠宮さま「即位拒否」 雅子さまのご体調

2019年5月2・9日号

2019年4月25日 発売

特別定価460円(税込)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。