昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1人の女性警官をめぐるトリプル不倫――最新の警察不祥事ランキング1位は「異性関係」

2019/08/09

 最新の警察庁のまとめによると、2019年上半期(1月~6月)に免職や停職などの懲戒処分を受けた全国の警察官や職員113人のうち、セクハラを含む「異性関係」が35人と最も多かったという。酒、金、そして異性に目がくらんでしまった警察関係者たちの実情を、ジャーナリストの今井良氏が明かす。

©iStock.com

3人が既婚者と知った上で、個別に交際していた女性巡査

「前代未聞の破廉恥な警察不祥事」が明らかになり、高知県警に激震が走った。

 高知県警監察課は、いずれも7月8日付で20~30代の男性巡査長3人と不倫関係にあったとして20代の女性巡査を本部長訓戒、男性巡査長の1人を本部長訓戒、残る2人を本部長注意にした。女性巡査は2017年12月から今年6月にかけて、3人が既婚者と知った上で、個別に交際していたという。

「3人の男性警察官を手玉に取る。これは典型的な『毒女(どくじょ)』の女性警察官なんだろう」

 旧知の警視庁幹部は「警察内部では不倫は珍しくない」と前置きしたうえでこう話した。幹部によると「毒女」とは、周囲の男性警察官を惑わし、虜にする女性警察官のことを指す警察内部用語だという。

©iStock.com

 7月30日、「週刊文春デジタル」が報じた「高知県警『トリプル不倫』現地取材 3人の巡査長を虜にした20代女性巡査は“距離が近い女”」によると、今回の破廉恥事案は新聞社の情報公開請求が元で明らかになったという。つまり、当初は発表する予定ではなかったのだ。この記事では、取材班が高知県警を直撃取材し、担当官が取材に応じている。

《「7月8日付で、男女2人が本部長訓戒、男2人が本部長注意の処分となったのは事実です。(交際の)期間は2017年12月から2019年6月。女性巡査は、確かに3人の男性巡査長と不倫関係にありました。ですが、3人と“同時並行”で交際していたわけではありません。1人との関係が終わると、また次の人へと移っていったそうです。

 同じ職場で出会ったということではありませんが、狭い業界なのでお互いが警察官だと認識していたようです。男性巡査長3人はそれぞれ他の(男性との)不倫の事実を知らず、女性巡査と『同じ職場で不倫関係にあるのは自分だけ』という認識でした」》