昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「自分の存在が何かの役に立てているのかもしれない」均等法第一世代だった雅子さまが、はじめて漏らした心境

2019/08/17

source : 週刊文春WOMAN 2019夏号

genre : エンタメ, 読書, ライフスタイル

「自分の存在が何かの役に立てているのかもしれないと実感できたのは、皇室に入って初めてのことかもしれません」

 皇后雅子さまは、最近、ある宮内庁関係者にこう心境を漏らされたという。皇室に入られて、26年。令和時代の新皇后となった雅子さまは、立て続けに大きなご公務に臨まれている。そんななかでお感じになった率直な気持ちだった。

宮内庁提供

◆◆◆

 雅子さまは、外務省勤務を経て、29歳でご結婚され、皇室に入られた。先に秋篠宮殿下(当時)とご結婚された紀子さまが大学院生だったのに対して、社会で働いた後に皇室入りされた初めてのケースであり、新しいプリンセス像への世の中の期待は大きかった。しかし、その後の人生の半分近くは「公務の在り方」と「世継ぎ問題」などに悩むこととなり、41歳で「適応障害」というご病気になられた。療養は、15年経った55歳の今も続いている。一時期は、雅子さまが皇后になられても「皇后美智子さま(当時)のように幅広いご活動はできるのか」といった不安の声もあった。だが今では、それらが杞憂に過ぎなかったと見えるほど、ご活動は広がっている。

外務省に出勤される姿は憧れのキャリアウーマン像そのものだった ©共同通信社

 今年2月の誕生日会見で、皇太子殿下(当時)は、新皇后になる雅子さまについて、次のように述べられていた。

全文は発売中の『週刊文春WOMAN 2019夏号』に掲載中

「雅子自身もいろいろ海外での経験もありますし、このグローバル化の時代にあって、国際的な取り組みなど本人だからできるような取り組みというのが、今後出てくると思います」

 5月、令和初の国賓として来日した米国のトランプ大統領夫妻を接遇された際に、早くもそのご様子は見て取れた。雅子さまの控え目ではあるが、堂々たる所作と流暢な英語でコミュニケーションを取られるお姿は、新時代を期待させるものだった。

 国内メディアには雅子さまを称賛する記事が並び、海外メディアも追随した。