昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

1971年のブエノスアイレス、美貌の青年が凶行に走る 「永遠に僕のもの」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1971年、ブエノスアイレス。天使のように美しい17歳のカルリートス(ロレンソ・フェロ)は、何の罪悪感もなく盗みを働き嘘を吐く問題児だ。彼は転校先でラモン(チノ・ダリン)という野性的な青年に魅了され、すぐに親密な絆で結ばれる。2人はラモンの父親で前科者のホセとチームを組んで盗みを繰り返すが、ルールを守らず目撃者を平然と撃ち殺すカルリートスに、ホセは危うさを感じる。大金を手に入れても満たされず、ますます暴走するカルリートスは、ラモンが自分を置いてパリへ旅立つという噂を耳にし、ラモンを車に乗せて究極の行動に出る。

〈解説〉

ルイス・オルテガ監督の日本初公開作。11人以上を殺害した実在する連続殺人犯をもとに、美貌の青年が凶行に走る姿を描くクライム&青春ムービー。115分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆何と言っても主演少年の美貌が見もの。2か所のダンスシーンが目に灼きつく。話はもっとアナーキーでもよかったが。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆1971年のアルゼンチンなら、「世界は泥棒のもの」という綺想も成立するか。〈夢みる想い〉のカバー曲に毒気を抜かれた。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆17歳の殺人鬼の美しさに期待し過ぎた。踊る姿と愛するが為の行動にはグッときたが、妖艶で謎めいた魅力は感じず。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆男子アイドル風貌の遊戯的サイコキラー。実話ながら漫画っぽい甘味も。アルゼンチンのヴィンテージロックに痺れる。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆70年代のアルゼンチンを天使の邪悪な口でうろつく主人公。暴力的でソシオパスなドリフト。前作の鋭さより空気感優先。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

INFORMATION

「永遠に僕のもの」(アルゼンチン、スペイン)
8月16日(金)より渋谷シネクイント他全国順次公開
監督:ルイス・オルテガ
出演:ロレンソ・フェロ、チノ・ダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス ほか
https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono/

出典元

「韓国と徹底的に白黒つけろ」安倍VS.文在寅

2019年8月15・22日号

2019年8月8日 発売

特別定価460円(税込)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー