昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

芥川賞を“卒業”した高樹のぶ子から見城徹へのメッセージ「作家の心細さを理解してほしい」

出版人は、作家の一番の味方であるべきだ――

 7月17日に開かれた第161回芥川賞選考会。受賞作は今村夏子氏の『むらさきのスカートの女』に決まった。

 同時に、今回をもって高樹のぶ子氏(73)が選考委員を退任することとなった。高樹氏は1984年に『光抱く友よ』で芥川賞を受賞。2001年に同賞の選考委員に就任し、18年にわたって多くの作品の選考に携わってきた。

 選考会の翌日、高樹氏に芥川賞と共に歩んだ35年間を振り返ってもらった。

高樹のぶ子さん ©共同通信社

「高樹さんは化けるかもしれない」

 芥川賞を受賞した1984年の選考会当日、高樹氏は自宅で家族とテレビ中継を見守っていたという。

「受賞作発表後、しばらくして会場から出ていらした吉行淳之介さんに、記者やカメラがわっと集まっていった。その囲み取材で吉行さんが私の作品に触れ、こうおっしゃってくださったのです。

『高樹さんは化けるかもしれない』

 私はその言葉にずっと励まされ、一方では支配されながら、作家生活を続けてきた気がします。選考委員の方々の言葉というのは、ご当人はなんとなく発言されたものなのかもしれませんが、作家にとってはある種の“予言”であり、非常に重たいものなのです」

 高樹氏は、芥川賞選考委員の退任とともに、吉行氏の言葉から解放されたのだと言う。その表情は非常に晴れ晴れとしていた。