昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

マツキヨ、ココカラ統合協議……ドラッグストア戦国時代で見えてきた「限界」

2019/08/26
業界再編の主導権を握ったココカラの塚本厚志社長 ©共同通信社

 ドラッグストア大手のココカラファインをめぐって繰り広げられた、マツモトキヨシホールディングス(HD)とスギHDの争奪戦は、8月14日、マツキヨに軍配が上がった。ココカラとマツキヨは経営統合の協議を始めたが、実現すれば売上高1兆円規模で業界トップとなる。

「売上高で業界7位のココカラは、5位のマツキヨと6位のスギを両天秤にかけることで再編劇の主導権を握った。どちらもココカラと組めば業界首位になるので、喉から手が出るほど欲しい相手だった。ココカラの塚本厚志社長の作戦勝ちでしょう」(金融機関幹部)

 ココカラは第三者による特別委員会を設けて検討、マツキヨを選んだ。

「決め手は、化粧品などプライベートブランド商品の強さでした。マツキヨブランドはナショナルブランドより利益率が約1割高く、18年度の営業利益率は6.3%と業界大手トップです」(流通アナリスト)

 スギはなぜ敗れたのか。

「マツキヨHDは創業家の出資比率は13%程度と見られるが、スギHDは株の4割を握る創業家の影響が大きい。また、中部地方が地盤のスギは郊外型店舗が中心で免税対応も遅れていましたが、マツキヨは訪日客が得意というのも魅力だったでしょう」(同前)