昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

主筆室でポックリ、延命はNO ナベツネが語る理想の大往生

今年3月には「燦燦会」の総会で元気に挨拶 ©共同通信社

「ナベツネが死亡した」

 こんな情報がマスコミ各社を駆け巡ったのは昨年11月。“ナベツネ”とは言うまでもなく、渡邉恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆(93)のことだ。

「その理由としては11月16日に『読売幹部の緊急会議が開かれている』との噂が流れたことでした。さらに同日、秋季キャンプ中の巨人軍の原辰徳監督が予定を2日も繰り上げて急遽帰京。元々、渡邉氏は8月から頸椎骨折で入院し、体調不安が囁かれていた。そこに、こうした異例の動きが次々と重なったため、『ナベツネ死亡』の噂は永田町に瞬く間に広がり、マスコミ各社も裏取りに奔走したのです」(社会部記者)

 だが後に、これが“ガセネタ”であることが判明。読売新聞も「あり得ない」と否定し、渡邉氏本人も翌12月には原監督の「野球殿堂入りを祝う会」に出席、健在ぶりをアピールした。

 一度「死亡説」が浮上すれば、これほどの大騒動を巻き起こす渡邉氏。それは彼が今なお読売グループの“ドン”として隠然たる影響力を誇ることの証である。

 そんな渡邉氏が新刊『私の大往生』(文春新書)で、佐藤愛子氏、内海桂子氏ら13人の著名人と共に、理想の最期を余すことなく打ち明けた。