昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

香港デモはリーダー不在で泥沼化 ジャッキー・チェンは若者の心を動かせるか

「逃亡犯条例」改正案に端を発した香港のデモは約3カ月近くが経つが、一向に収まる気配はない。

 香港メディアの記者は、「14年の民主化デモ『雨傘運動』との決定的な違いは、絶対的リーダーが不在のまま緩やかに連帯する〈アメーバ方式〉であることだ」と解説する。

 もっとも今回、中核を担う組織はいくつか存在する。

 その代表格は、民主派団体「民間人権陣線(民陣)」。最大規模となった200万人(主催者発表)が参加した6月16日のデモを呼びかけたのも、この団体だ。02年設立の同団体は、返還間もない頃から民主化を訴えてきた筋金入りの反共団体でもある。

激しいデモが起きた香港国際空港 ©共同通信社

 雨傘運動を率いた「香港衆志」も健在だ。22歳の共同設立者の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)は、禁錮2カ月の刑を終えて6月に出所。早速、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の辞任を要求した。今回、黄らはメッセージを暗号化できるSNSアプリなどを通じてデモ参加を呼びかけ、勢力拡大に繋げた。

「8月8日には米国の政治担当外交官が黄に接触したことを親中派メディア『大公報』が写真付きで報道。他メディアも『黄は香港をかき乱す外部勢力とつるんでいる』と糾弾した。米国が支援に動くのは、もちろん彼の影響力を見込んでのことです」(同前)