昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

エルトン・ジョンの半生を『ボヘミアン・ラプソディ』の監督が撮る 「ロケットマン」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

レジナルド・ドワイト(タロン・エガートン)はイギリスの田舎町で、不仲な両親から愛を与えられずに成長した。天才的な音楽センスに恵まれた彼は「エルトン・ジョン」を名乗り、ミュージシャンを志す。作詞家のバーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と、彼の詩にメロディを付ける形で共作を開始し、のちの名曲「ユア・ソング」が誕生する。デビューを果たし、LAでの初ライブが大成功したエルトンはスターダムを駆け上がるが、恋人兼マネージャーのジョン・リード(リチャード・マッデン)との関係や売れ続けるプレッシャーに苦しみ、アルコールとドラッグに依存していく。バーニーが彼から去ったとき、エルトンはある決断をする。

〈解説〉

歌手のエルトン・ジョンの半生を、彼の楽曲に乗せて描くミュージカル・ドラマ。監督は『ボヘミアン・ラプソディ』のデクスター・フレッチャー。121分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆ドラマとしては前半の親子関係。世界的な価値観の大転換期。先端にいる者の苦悩と栄光。型通りになるのも仕方ないか。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆あえて平均点を狙ったような伝記映画。総製作がエルトン・ジョンでは、どうしても綺麗ごとが増える。不快ではないが。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★懐かしい楽曲や舞台の光景を涙腺ゆるめつつ満喫。エガートンのダメ男ぶりが清廉で、結末の実写映像の至福にも納得。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆歌唱も自前でこなすエガートンの芸能魂に拍手。波瀾万丈の半生を演目にしたディナーショーのようなお水の魅力がある。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆ジュークボックスオペラ的着陸しないロケットマン。ロックオペラ『Tommy』に及ばず。母役ブライスの無敵感に星。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

INFORMATION

「ロケットマン」(英、米)
8月23日(金)より全国ロードショー
監督:デクスター・フレッチャー
製作総指揮:エルトン・ジョン
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、リチャード・マッデン、ブライス・ダラス・ハワード ほか
https://rocketman.jp/

出典元

進次郎が捨てた「女子アナ彼女」

2019年8月29日号

2019年8月21日 発売

定価440円(税込)