昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《戦慄映像》朝方の常磐道、新東名、プリウスが危ない!? “危険運転情報1万件”の「あおり動画投稿サイト」

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

「宮崎文夫容疑者の『あおり運転動画』が報じられてからというもの、通常の10倍のアクセスがありました。アクセスが集中しすぎて、サイトがダウンしたほどです。想定外のことで、ご迷惑をおかけしました」

 こう語るのは、危険運転する車のナンバーを投稿するサイト「NumberData」の運営者・A氏だ。宮崎容疑者の「あおり運転殴打」事件が話題を振りまく中、同サイトはSNS上で大きな話題となっている。

 同サイトには、投稿者から寄せられた1万件もの“危険運転情報”が掲載されている。危険運転をした車のナンバープレートのほか、発生した日時、道路名や地名、あおり運転や幅寄せなど悪質行為の種類、車両カラーや車種などで分類されて公開されており、検索も可能。危険運転の多い車種のランキングも掲載している。

 宮崎容疑者の白いBMWについての情報も、7月時点で投稿されていた。

送検のため、茨城県警取手署を出る宮崎文夫容疑者=2019年8月20日午前6時56分 ©共同通信社

「ドライブレコーダーで撮影された危険運転の動画をよく目にするようになりましたが、SNSや掲示板など様々なサイトに分散していた。この危険運転の情報をまとめて共有できたら、安全運転の啓発につながって危険な運転を減らせるのではないかと考えました。

 サイト運営の技術を持った知人らと4、5人で運営し、費用はサイトの広告でまかなっています。今年3月に開設以来、1万件以上の投稿が集まっています。あくまで安全運転の啓発が目的なので、ここにナンバーを投稿されたことに気付いたドライバーが、今後気をつけて運転するきっかけになってくれたらと思っています」(A氏)

東名高速道路下り線の事故で移動される車両=2017年6月、神奈川県大井町(車のナンバーを画像加工しています) ©共同通信社

 A氏は、自営業の30代男性。サイト開設のきっかけは、2017年6月に起きた東名高速でのあおり運転死亡事件。無理やり停車させられた夫婦が、後続のトラックに追突されて死亡した衝撃的な事件だった。運転していた男は、危険運転致死傷罪が適用されて、懲役18年の判決を受けている。