昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《スクープ撮》ジャニーズ「SixTONES」「Snow Man」同時デビューで変化する関係「あいつらは人気ないから」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 8月8日、東京ドームにはジャニーズJr.の単独コンサート「ジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~」を観るため、早朝から多くのジャニーズJr.ファンが集まっていた。

「東京ドームでジュニアのみのコンサートが開催されたのは約19年ぶりだったんです。ファンの間では何か大きな発表があるのではないかと噂されていて、みんなソワソワしていました」(ジャニーズJr.ファン)

 そんな中で発表されたのが、ジャニーズJr.内の人気ユニット「Snow Man」と「SixTONES」の2020年同時CDデビューだった。2組同時デビューはジャニーズ史上初。東京ドームはどよめきとともに、大きな歓声に包まれたという。

「SixTONES」は2015年結成。高地優吾(25)、京本大我(24)、田中樹(24)、松村北斗(24)、ジェシー(23)、森本慎太郎(22)の6人から成るユニットだ。既報の通り、デビューに合わせて世界進出のためにYouTubeでアーティストチャンネルも開設。すでに「JAPONICA STYLE」の英語歌詞バージョンの動画も投稿し、世界に向けて発信を始めている。

「SixTONES」が表紙の雑誌「anan」2019年4月3日号。上段左から、森本慎太郎、高地優吾、松村北斗、下段左から、田中樹、京本大我、ジェシー

 かたや2012年に立ち上げられた「Snow Man」は結成7年のベテランユニットだ。元々は阿部亮平(25)、渡辺翔太(26)、深澤辰哉(27)、岩本照(26)、佐久間大介(27)、宮舘涼太(26)の6人で活動していたが、2019年1月16日に目黒蓮(22)、向井康二(25)、ラウール(16)の3人が加入した。

「Snow Man」は「anan」2019年7月3日号に登場。上段左から佐久間大介、阿部亮平、宮舘涼太、中段左から、渡辺翔太、向井康二、目黒蓮、下段左から、深澤辰哉、ラウール、岩本照

「『Snow Man』はジュニアとしてはかなり年長ですから、若手の目黒と村上でフレッシュ感をプラスしたのです。特に目黒はデビューまで別ユニット『宇宙Six』のメンバーも兼任していて、人気もすでに頭ひとつ出た存在だったので話題になりました」(ジャニーズ事務所関係者)

8月16日渋谷区にある稽古場から出てくる「SixTONES」森本慎太郎、ジェシー、「Snow Man」渡辺翔太、目黒蓮(左から) ©文藝春秋

 人気ユニットの“同時デビュー”を多くのジュニアファンが歓迎しているが、一部の「SixTONES」ファンの間には波紋が広がっている。