昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松居・船越、太川・藤吉…おしどり夫婦に激震 「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」2017

「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」2019のアンケートを実施するにあたり、前回(2017年)の結果を全文公開します。アンケートの実施要項はこちら(https://bunshun.jp/articles/-/13571)から。なお、記事中の年齢や日付などは掲載時のものです。

(出典:「週刊文春」2017年12月28日号)

◆ ◆ ◆

先週はおしどり夫婦に次々と激震が走った。太川・藤吉夫妻に“路線バス不倫”ショック、松居・船越の“ドロ沼離婚調停”決着。今年のドラマで「夫婦とは別れられる家族」という名台詞があったが、ならば理想の夫婦とは何か。夫婦の形を考える緊急アンケート企画!

「好き」部門第1位は「永遠の理想のカップル」

「ベストカップル・オブ・ザ・ワールド」(52・女)

「どちらもしっかり者で笑いが絶えない様なご夫婦だと思うので」(54・女)

「大変仲がよくて微笑ましい!」(69・男)

 これは“路線バス不倫”で注目の太川陽介(58)・藤吉久美子(56)夫妻についての読者評だ。本アンケートの応募〆切が12月8日と小誌スクープが出る6日前だったため、コメントは好意的なものばかり(太川夫妻は「好き」部門圏外)。だが、結果として浮き彫りになったのは夫婦の“闇”は他人には窺い知ることができないほど深いということだった――。

太川・藤吉夫妻

 夫婦のかたちが多様化している現代。理想とされる夫婦は一体どんな男女なのか。第3回となる人気アンケート企画「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」。今回は小誌メルマガ会員の15歳~81歳の男女から約2500の回答が寄せられた。

「好き」部門第1位に輝いたのは「永遠の理想のカップル」(54・女)、三浦友和(65)と山口百恵(58)。2013年の本企画初回から3連覇を成し遂げた。

「三浦友和は貫禄に色気を放つ唯一無二の俳優。口には出さないが色気は夫婦関係が円満な証拠」(42・男)

「芸能人にありがちな派手さがなくて慎ましく生活している。息子がまともに育っているのもきちんと躾(しつけ)たのだと思う」(53・女)

 最近ではミュージシャンの長男・祐太朗や、俳優の次男・貴大も活躍中だ。

不動の好き1位は友和・百恵

北斗晶「夫婦円満は夫のおかげです」

 次点につけたのは佐々木健介(51)と北斗晶(50)。2015年9月に北斗が乳がんを公表。夫婦二人三脚での闘病を経て、昨年11月に仕事復帰を果たした。

「北斗さんが病気している時、健介さんも元気が無かった。ホントに一心同体なんだなと感じた」(41・女)

「夫婦には我慢も必要ですが、ズケズケ言い合い隠し事がない夫婦の方が理想です。嘘ばかりの社会、家庭ぐらい嘘はつきたくありません」(43・男)

 この結果を本人たちに伝えると、北斗は開口一番、「夫婦円満は夫のおかげです」と述べた。

「夫婦円満の秘訣をよく聞かれますが、最近本当の答えが分かりました。奥さんが明るいと夫婦円満だと言うけど、うちは旦那さんの力。彼が家族を愛し、家族との時間を大切にしてくれているからこそ。これから先も2人でゲラゲラ笑いながら生きていきたいです。パパいつも有難うね」

 北斗を支える夫の佐々木はこう語った。

「結婚して22年。今も出会った頃と変わらず、恋人であり親友であり夫婦でありという感じです。いつも夫婦で大笑いして一緒にいられる事に、毎日幸せを感じ感謝しています。これからも『ありがとう』を大事にして、木の年輪のように夫婦の輪を一本でも多く増やしていけるよう過ごしていきたいと思います」