昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

”全裸監督”村西とおるを襲った「女房を寝取られた男にしかわからない恥辱」

ドラマ「全裸監督」で描かれなかった昭和AV伝 7000字ロングインタビュー#1

「お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。昭和最後のエロ事師、村西とおるでございます」

 甲高い声でそう語るのは、“アダルトビデオの帝王”と呼ばれたAV監督・村西とおる氏(70)だ。

 村西とおる氏の破天荒な半生をモデルにしたドラマ「全裸監督」がNetflixオリジナルドラマとして公開され、シーズン2の制作も決定。インターネット・ムービー・データベース(Amazon提供)の人気テレビ番組ランキングで、一時期世界中のあらゆる番組を差し置いてトップ50にもランクインしていた。

 ドラマ人気と相まって、村西とおる氏本人にも注目が集まっている。ドラマでは描ききれなかった“帝王”の過去と現在を取材した。

過去の記憶が蘇る、リアルなドラマ「全裸監督」

――Netflixのドラマ「全裸監督」(全8話)はご覧になりましたか?

村西 観ました。私は個人事務所を持っているんですけど、私の別に社長がいるんです。社長から「あんたおしゃべりだから、まだ観てない人にも全部喋っちゃうでしょ」と、なかなか観せてもらえなかったんです(笑)。でもこれ、私の物語なんでしょうけど、我ながら面白いですよね!

©文藝春秋

――お気に入りのシーンはありましたか?

村西 自分自身が涙したのは、第1話の親父とのシーンですね。父親から暴力を振るわれる母親を守ろうと父親に刃物を向けたら、母親から「父ちゃんに何すんだ!」と怒鳴られた。あのあとね、親父が家を出て行ったのですが、後から親戚に聞いたら「息子を親殺しにするわけにはいかない」という理由だったと。その記憶がまざまざと蘇ってまいりました。

 当時はどこの家もそんなものだったんです。あの時代の諸悪の根源は貧乏。でも、あの世にいったらね、親父に泣いて謝りたい、たった一つの出来事ですね。