昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「死にたくないから切ってる」…リストカットを繰り返す24歳女性 「かまい過ぎる母」からの脱出

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, ライフスタイル, 人生相談, 社会

「死にたくないから切ってる」…リストカットを繰り返す24歳女性 「かまい過ぎる母」からの脱出

 「先生、またやっちゃいましたぁ~」

 T美さんが心療内科の外来をおとずれた。軽いノリで言ってくるので、あまり緊張感がない。

 「どれどれ、見せてみなよ」とのぞき込むと、左手首に新しい切り傷があった。「いつも通り、浅いから大丈夫そうだね」と確認する。

 「前にバイキンが入っちゃってひどい目にあったから、気をつけてるんですよ~」

 と相変わらず、のんびりした口調で返してきた。

イラスト:奥山裕美

「ちょっと痛いけど、イヤな気持ちがスッと」

 T美さんは24歳の女性。診断は「不安症」だ。

 時々強い不安に襲われてパニックになる。最初に受診したのも、「過換気発作」だった。「急に空気が薄くなった気がして、あわてて息を吸うんだけど、どんどん苦しくなって救急車呼んじゃった」ということだった。

 軽い抗不安薬を持ち歩くことで、「また発作が起きても大丈夫」と安心できるようになり、発作の頻度は減った。

 次に問題となったのは「リストカット」だった。

 「これ、何とかならないですかねぇ?」と相談を受けた。10代の後半からずっとクセになっているという。最初は、気持ちがムシャクシャしてどうしようもないとき、リストカット経験者の友だちが話していたことを思い出して、恐る恐る切ってみた。

 「ちょっと痛いけど、イヤな気持ちがスッとした。これやってれば、とりあえず大丈夫!そう思えたんです」

リスカの世界もいろいろあって…

 そのうち回数が増えてきた。

 「何かキツいことやつらいことがあると、気持ちが高ぶってキレそうになるんです。頭の中がわーっと真っ白になってくるとき、まずはサクッと切って気持ちを落ち着ける」

 そんなパターンにはまってしまった。

 「リスカ友だちに聞くと、だいたいみんな、左手首を切ってますよね。右利きだと切りやすいし、手首は隠しやすい。まぁ、夏も長袖で通すのはつらいんですけどね……。手の甲は痛いし、目立つからあまり切らない。縦に切る人もいるけど、やってみたら痛かった。目立たないように舌を切る人もいるけど、なんか痛そう。リスカやる男のコは一人だけ知ってる。女のコみたいなヤツだった……」