昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《緊急会見》韓国一腐敗したイケメン政治家チョ・グク氏 若者にウケていた軽薄「反日SNS」

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 政治, 国際

 日韓関係が緊迫する中、韓国メディアを賑わす文在寅大統領の“後継者”曺国(チョ・グク)氏のスキャンダル。曺氏は9月2日午後に緊急会見を開き、改めて一連の疑惑を否定した。

 曺氏はこれまで「反日」の急先鋒として、SNSを中心に日本批判を繰り返していた。日本が対韓輸出管理の厳格化を打ち出した7月から、Facebookには50を超える書き込みがあったという。彼が発言していた「反日発言」とはどんなものなのか。韓国で取材を続けるノンフィクションライターの崔碩栄の現地レポート。

GSOMIA脱退がかすむ「超大型スキャンダル」

 韓国政府が8月22日に発表したGSOMIA破棄。両国関係が悪化の一途を辿る中、トドメを刺すような“事件”に、日韓メディアはこの事実を速報で伝えたが、韓国では日本人が想像するほどには話題にならなかった。ほぼ同時期に韓国人の関心を一手に引き受ける「超大型スキャンダル」が発覚したためだ。文在寅政権の初代民情首席秘書官であり、次期法務部長官に指名され、今まさに国会聴聞会を控えていた曺国(チョ・グク)氏についての疑惑である。

質問に答える曺国氏 ©共同通信社

 韓国国民が注目する曺国氏とは、どういった人物なのか。まず彼の経歴を簡単に紹介する。1965年、釜山の裕福な家庭に生まれ、82年16歳にしてソウル大学法学部に入学。ソウル大大学院で修士、米カルフォルニア大大学院で博士号取得。彼の名前が全国に知られるようになった事件が起きたのは蔚山大学に在職していた93年のことだった。

 南韓社会主義労働者同盟のメンバーとして活動中、国家保安法違反容疑で拘束され、有罪判決を受けたのだ。この事件により、彼は一躍有名人となった。執行猶予付きの懲役刑を言い渡された彼はその後、ソウル大学の教授に就任する。

外見はストレスでもあり、コンプレックス

 ソウル大学教授就任後には、著書の出版や講演を続けながら、後に文政権の要職を占めることになる人物の溜まり場だった左派市民団体「参与連帯」に参加。この活動などを通じて知名度や影響力をより高めた。左派政治家たちの選挙運動にも積極的に参加し、SNSなどを通して政治的な意見を発信し続け、その中では「現在の社会は腐敗し、不公平、不平等だ」などと若者の怒りを呼び起こすような内容が多かった。

 一方で、"イケメン教授"として多くのファンがついた曺氏。2012年の釜山日報のインタビューでは、「学生時代にモテたか?」という質問に対して、「図書館の席は(女性から届けられた)飲み物、お菓子が山積みになっていた」「頻繁にファンレターももらい、まわりの視線が気になった。(女性の注目される)外見はストレスでもあり、コンプレックスでもあった」。こんな打ち明け話が紙面を飾るほどの"モテ男"ぶりだった。