昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「無理しないで!」玉置浩二、公演中断 妻・青田典子は“危険な男”とどう付き合っているのか

「玉置さんが『かならずやり直すから、今日はここで終わりにさせてください。このまま病院に行ってくるね』とステージ上から告げると、客席からは『お大事に! 待ってるね』『愛してるよ』という声が次々に挙がりました」(観客の一人)

 8月6日、東京・八王子で行われたコンサートを中断した玉置浩二(60)。30公演に及ぶツアーの初日だった。開始直後は絶好調に見えたが、10曲ほど歌って一旦袖に消える。しばらくしてステージに出された椅子に座り、トークを始めた。

安全地帯は元々井上陽水のバックバンドだった

「玉置さんは『脈拍が異常に早くて、足も痺れちゃって、さっきの曲から倒れそうだった。いまセルシン飲んできた、精神安定剤ね。30分もしたら落ち着くから、座ったまま歌ってみようか』と。実は3年に一度くらいコンサートの中断やドタキャンがあるので、長年のファンからすると体調だけが心配」(同前)

 客席からは「無理しないで!」という多くの声が飛ぶ。そして休憩時間を挟み、再びステージ上に戻ってきた玉置は、冒頭のように中断を発表したのだった。

 8日にインスタグラムでその後の経過を報告したのは、妻で元C.C.ガールズの青田典子(51)だった。