昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ちょけ過ぎやろ!」なにわ男子 あべのハルカス出演中止騒動 野次と怒号につつまれた壮絶現場

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

 嵐がメインパーソナリティーを務めた「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)。8月24日(土)から8月25日(日)にかけて放送されたが、平均視聴率は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、エンディングの25日午後8時51分には39.0%という最高視聴率を記録した。

 だが、例年通りの感動の大団円のウラで、予期せぬトラブルも起きていた。スペシャルサポーターを務めたジャニーズJr.の人気ユニット「なにわ男子」が出演する予定だった生イベントが中止となったのだ。

「イベントは25日、大阪市阿倍野区の超高層ビル『あべのハルカス』で行われる予定でした。それが、前日の24日に整理券配布を行った際、想定以上のファンが殺到したため、中止になってしまったのです。結局、なにわ男子は読売テレビ新社屋でステージイベントに出演し、スペシャルメドレーを披露しました」(スポーツ紙記者)

出演中止騒動が起きた「あべのハルカス」 ©共同通信社

 イベント中止の一報は、スポーツ紙などネットニュースがいち早く報じたが、実際の現場はファン同士が大声を上げてモメるなど、パニック寸前だった。

「ちょけ過ぎやろ!」飛び交う罵声

 参加したジャニーズファンが証言する。

「整理券の配布集合時間の直前には、1000人以上のファンが会場に殺到していました。ファン同士が押し合って小競り合いになっていたり、事態収拾を図ろうとしていたスタッフ側も混乱状態でした。

 結局、スタッフが拡声器を持ち、台に上がり、その場に集まったファンとじゃんけん大会をして、勝った人が整理券をもらえるという“謎のイベント”が始まりました。それでも途中で捌ききれないと判断したのか、白紙の紙と整理券を混ぜてランダムに配るという形になり、結局大炎上するハメになったのです」

 この杜撰すぎる対応は、ファンからは皮肉を込めて“炎上じゃんけん大会”と呼ばれた。

”炎上じゃんけん”騒動が起きる直前の読売テレビ新社屋前

「じゃんけん大会中、ファンからは『ちょけ過ぎやろ!(ふざけすぎだろう!)』などと野次と怒号が飛び交っていました。コテコテの関西弁の罵声に押される形で、結局、白紙と整理券を混ぜてランダムに配ることになったわけですが、会場に集まったファンすべてには行き届かず、配布は終了。悔しさで泣き出すファンもいました。

 配布が終わると、ツイッターには『この整理券を売ります』といった転売の書き込みもたくさん見られました。騒動を受けて、翌25日の整理券配布時間は早朝6時に変更され、なにわ男子のあべのハルカスへの登場も中止になりました」(同前)

 28日、読売テレビの大橋善光社長(65)は記者会見で、なにわ男子の出演中止に対して「本当に申し訳なかった」と謝罪した。