昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

the style「秋、サスティナブル最前線」

PR

車や電機業界でもおなじみのsustainable(サスティナブル)という言葉。“環境に負荷を与えず持続可能”な取り組みは、ファッション界でも近年の超重要項目だが、この秋、にわかに拡散し始めている。著名なラグジュアリーブランドが声明を出し、素材が進化し、魅力的なアイテムが数多く登場してきた所以だろう。2019年秋、サスティナブル最前線に接近してみたい。

GUCCI
リアルを超えたエコファーと環境に優しい先進素材バッグ

「ファーフリー宣言」後も上質なエコファーを発表し続けているグッチ。今秋もエレガントな純白のエコファーのスヌードが登場している。また、近年、バッグ等のさまざまな小物に採用されている「GGスプリーム キャンバス」は綿とポリエステルの布地をポリウレタンでコーティングした素材。製造過程で出た廃棄物の一部はリサイクル可、残りも簡単に処分できる。

エコファーのスヌード¥177,000 「GGスプリーム キャンバス」右からベルトバッグ¥110,000 ボール型バッグ¥185,000 ウォレットバッグ¥194,000/以上グッチ(グッチ ジャパン クライアントサービス フリーダイヤル 0120-99-2177)
エコファーのスヌード¥177,000 「GGスプリーム キャンバス」右からベルトバッグ¥110,000 ボール型バッグ¥185,000 ウォレットバッグ¥194,000/以上グッチ(グッチ ジャパン クライアントサービス フリーダイヤル 0120-99-2177)

PRADA
再生ナイロン&エコファーの100%使用を目指して始動

プラダは2021年末までに全ナイロン製品にリサイクルナイロン糸「ECONYL®」の採用を決定、来季からはファーフリーも宣言。この秋は前哨戦として、男女計6モデルのリサイクルナイロンバッグや、エコファーアイテムを発表している。特にナイロンバッグはプラダのお家芸。大きな決断を表す特別な「RE-NYLON」ロゴとカラーパッチが配されたスタートモデルはすでに完売のものも。

「RE-NYLON」〈メンズ〉バックパック¥188,000 ボストンバッグ¥195,000 〈レディス〉ベルトバッグ¥85,000 ショルダーバッグ¥161,000 エコファーの帽子(右)¥66,000 (左)¥57,000 (下)¥59,000*ヴァージンナイロン使用(すべて予定価格)/以上プラダ(プラダ クライアントサービス フリーダイヤル 0120-45-1913)
「RE-NYLON」〈メンズ〉バックパック¥188,000 ボストンバッグ¥195,000 〈レディス〉ベルトバッグ¥85,000 ショルダーバッグ¥161,000 エコファーの帽子(右)¥66,000 (左)¥57,000 (下)¥59,000*ヴァージンナイロン使用(すべて予定価格)/以上プラダ(プラダ クライアントサービス フリーダイヤル 0120-45-1913)

STELLA McCARTNEY
2001年のデビュー当時からエコ革命を先導し続ける

ポール・マッカートニーの次女であり、サスティナブルファッションを牽引するデザイナーといえばステラ・マッカートニー。自名を冠するブランドは設立当初から完全ファーフリー&レザーフリーであり、現在では再生カシミアやオーガニックコットン等も積極的に使用。さらに、接着剤を使用しない「ループ」スニーカーの提案やダウンに代えて中綿を入れたブルゾン、過去のコレクションで発表されたアーカイブ素材のリユースなども行なっている。

〈上から時計回り〉ファー フリー ファーのベスト¥259,000、シアリング風素材のトートバッグ¥95,000、中綿入りカーキのECONYL®製ブルゾン¥210,000 、アーカイブプリントのパッチワーク入りオーガニックコットンのスウェット¥81,000、レオパード柄「ループ」スニーカー¥81,000、ベジタリアンオイルでなめしたエコレザーのミニバッグ¥72,000/以上ステラ マッカートニー 黒の「ループ」スニーカー¥64,000、オーガニックコットンの「ビートルズ」Tシャツ¥40,000、肩に掛けた再生カシミアのニット¥69,000、斜め掛けしたリサイクルナイロンのベルトバッグ¥64,000/以上ステラ マッカートニー メンズウェア(ともにステラ マッカートニー カスタマーサービス TEL 03-4579-6139)
〈上から時計回り〉ファー フリー ファーのベスト¥259,000、シアリング風素材のトートバッグ¥95,000、中綿入りカーキのECONYL®製ブルゾン¥210,000 、アーカイブプリントのパッチワーク入りオーガニックコットンのスウェット¥81,000、レオパード柄「ループ」スニーカー¥81,000、ベジタリアンオイルでなめしたエコレザーのミニバッグ¥72,000/以上ステラ マッカートニー 黒の「ループ」スニーカー¥64,000、オーガニックコットンの「ビートルズ」Tシャツ¥40,000、肩に掛けた再生カシミアのニット¥69,000、斜め掛けしたリサイクルナイロンのベルトバッグ¥64,000/以上ステラ マッカートニー メンズウェア(ともにステラ マッカートニー カスタマーサービス TEL 03-4579-6139)

環境と共存し、ファッションは未来へ向かう

 ナイロンはプラダの歴史を語る上で非常に重要な素材だ。1913年の創立よりレザーの老舗として名を馳せた同社が、低迷期に陥った後の80年代。先駆的でおしゃれなナイロンバッグが大ヒットし、以来ブランドの顔だからである。「RE-NYLON」は、2021年末までにすべてのナイロン製品にECONYL®を採用するプロジェクト。埋立地や海から集められたプラスチック、漁網、カーペット等から再生されるこのナイロン繊維は、品質を損なわず永久に再生可能で、ナイロン製造が地球温暖化に与える悪影響の80%削減が見込めるという。第二次ナイロン革命で、プラダの伝統はどう再構築されるのか。同時期に「ファーフリー」も宣言し、2020春夏から動物の毛皮の使用も完全に廃止する。

 2017年の「ファーフリー」宣言後も、上質なエコファーを発表し続けているのがグッチだ。前出の「GGスプリーム キャンバス」のように、GGパターンをエコフレンドリーに落とし込む等、伝統を踏まえたサスティナブルに取り組んでいる。インドのソーシャルビジネス企業「I was a Sari」の支援も活動の一環。現地の女性たちに技術を教え、労働と収入の確保を促進。それらの活動を紹介するサイト「GUCCI EQUILIBRIUM」も好評である。

 そしてサスティナブルファッションの先導者といえば何と言ってもステラ マッカートニーだ。ブランド設立時よりレザーとファーは一切使用せず、リサイクルナイロン繊維ECONYL®もいち早く採用。常に環境と向き合い、最新の素材や技法に挑んでいる。例えばカシミア。大量生産して安価にするため、90年代以降、モンゴルではカシミアヤギの頭数が5倍まで増加。草は根ごと食べ尽くされ、蹄が突き刺さって地割れした草原は砂漠化しているという。そこでステラ マッカートニーでは2016年頃からヴァージンカシミアの使用を中止し、繊維廃棄物から生まれた再生カシミアRe.Verso™を採用。環境負荷は実に92%も軽減された。さらに昨年登場した「ループ」スニーカーも画期的。接着剤を使わず、特殊なステッチとフックのみでパーツを接合しているので、分解してリサイクルも可能な、まさにloop(循環する)スニーカーなのだ。

 イタリアで約100年の歴史を持つプラダとグッチ。環境と共存しながら進化してきたステラ マッカートニー。伝統と革新が交差し、サスティナブルな未来へ向かっている。


Photographs: Tetsuya Niikura(SIGNO),
Realization: Mami Sekiya,
Design: Shiraishi Design Office

出典元

「報ステ」責任者<CP>が出演アナ“キス告発”で解任された!

2019年9月12日号

2019年9月5日 発売

定価440円(税込)