昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

64歳の逃走犯が捜査の盲点をついた“古典的な手口”、それはカツラだった

 最先端技術でも“子供騙し”にあう。そう合点させてくれたのは、齢64になる泥棒だった。8月27日、窃盗容疑などで警視庁捜査3課に逮捕された金沅基(キムウォンギ)容疑者。どんな手管を駆使したのか。

 警視庁担当記者の話。

「金は8月13日、東京・中野区の寿司店で8万円を盗んで逮捕されましたが、その際に転倒して鎖骨を折って入院。18日、東京警察病院で付き添いの警察官に『メモを忘れた』と嘘を言って取りに行かせた隙に車椅子を置いて逃げました。本部が事態を把握するまで1時間かかっており、初動も遅れました」

服も数着所持していた金容疑者 ©共同通信社

 監視、通報と2つの“怠慢”を犯していた警視庁。捜査の指揮を中野署から本部の捜査3課に引き上げた。幾多の事件を解決してきた「防犯カメラ捜査」により、20日に窃盗事件のあった名古屋市内の薬局付近で似た男の姿を確認。捜査員も派遣し、発見は時間の問題かとも思われたが……。

「金はそこから電車で大阪市に行ってサウナで数日過ごした後、ヒッチハイクで川崎市まで戻ったようですが、警視庁は追えていなかった。後の供述によると、金はさらに都内に戻り、電話ボックスから中野署に『もう疲れた』『署の周りに(報道の)カメラがいて恥ずかしくて出頭できない』と電話を入れました。中野署までわざわざ出向いたのに誰も気付かなかった疑いもある。電話がなければ、どうなっていたか」(同前)

 結局、10日間も逃げおおせた金。捜査関係者は理由をこう指摘する。