昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「引退してくれないかと言われました」 阪神・鳥谷敬は監督として戻ってくるのか、それとも……

「引退してくれないか、と言われました。タイガースのユニホームを着てやるのは今シーズンで最後」

 8月31日、阪神の鳥谷敬内野手(38)が、球団から引退勧告を受けたことを明かした。

1年目から活躍し、2000本安打も達成 ©共同通信社

 球団幹部は「彼の現役へのこだわりがかなり強かった。物別れに終わっているというのが実情」と語り、今後は本人の決断次第である状況が浮き彫りになった。

 鳥谷は「来年以降のことについては一切、話はなかった」とも語っていた。だが、ベテランの阪神担当記者は「表向きは公言できないのかもしれませんが、あのときと同じパターンでしょう」と言って解説する。

「2012年9月に、金本(知憲)が引退を発表したときですよ。阪神球団は大功労者である金本に敬意を払い、監督候補であることを前提として、『一度ユニホームを脱いで外から野球を観たらどうか』と引退勧告したそうです」

 現役に未練があった金本は、すぐ首を縦には振らず、10日ほどして引退を受け入れて会見した。その後、評論家を3年やってから監督に就任したのだった。

「金本以上に鳥谷は阪神の“宝”で、早大からドラフト自由枠で入団した時点から幹部候補。14年に海外FA権を行使したときも、2カ月悩んだ末に阪神残留を決めると、当時のオーナーが『申し訳ない』と言ったほどです(笑)。矢野監督の次か、桧山(進次郎)を挟んだ次の監督に据えると言われている」(同前)