昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

関ジャニ∞・錦戸亮、ジャニーズ事務所退所へ 直近のドームツアーでも孤立

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

 9月5日、ジャニーズ事務所所属のグループ、関ジャニ∞の錦戸亮(34)がグループの脱退とジャニーズ事務所の退所を発表した。錦戸はファンクラブ会員に向けてこんなメールを送っている。

《僕、錦戸亮は9月末日をもちまして、21年間お世話になったジャニーズ事務所を退所させて頂く運びとなりました。僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるよう努めていきたいと思います。応援していただいた皆様には感謝の気持ちで一杯です。そして、ジャニーさん、心からありがとう》

仕事後、1人でラーメン屋から出る錦戸(3月2日) ©文藝春秋

 関ジャニは3日に5大ドームツアー「十五祭」を終えたばかりで、突然の発表だったが、ドーム公演を観た、あるジャニーズファンは「その予感はありました」と打ち明ける。

「今回のツアーでは、ライブ終わりのメンバーのコメントが全てVTRだったんです。今までは、本人たちが壇上で喋るのが普通だったので、ファンの中では“解散フラグ”なのではという憶測が飛び交いました。ツアー千秋楽となる東京ドーム公演最終日には、今回のツアーで会場入口前に置かれていた“GR8EST BOY”と呼ばれるメンバーの人形が、前日までは現メンバーの6人分の人形だったのが、すでに脱退した元メンバーの内博貴と渋谷すばるの2人分が増えて、8人になっていた。他にもデビュー会見時、メンバーの名前が入った幟(のぼり)をバックにしていたのですが、それを彷彿とさせる幟が会場に設置されているなど、露骨な“匂わせ”がたくさんあった。『これはなにかある』と多くのファンが察知し、千秋楽のチケットの転売価格は高騰していました」(同前)

前日まで置かれていた現メンバー6人分の人形
最終日は脱退メンバーも含めた8人の人形に

 千秋楽のVTRで錦戸はこんなコメントを残している。