昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 さらに、インスタライブは、1画面で2人が同時に配信できる『コラボ配信』という機能があるのですが、視聴者から質問に答えるコーナーまでやっていました。50人ほどの視聴者から『作間とは体の関係はありましたか?』などと遠慮のない質問が出て、彼女たちもその場で答えていた」

「祐天寺み魂まつり」の会場を出る「HiHi Jets」橋本涼(7月17日) ©文藝春秋

 この写真流失がさらに話題を呼ぶことになったのは、もう一つの配信の存在だった。A子さんのライブを配信した同じ日に、今回の画像の“流出元”とされるB子さんも、インスタライブの配信を行ったのだ。

ネット配信で“流出元女性”と言い争い

「B子さんも質問コーナーを設けて『コラボ配信』をしていました。配信中にはA子さんと直接電話をつなげて、言い争いをする場面もあった。視聴者もA子派やB子派に分かれて議論になって、SNSでは大きな話題になりました」(同前)

「HiHi Jets」橋本涼 ©文藝春秋

 配信中には、次のようなやり取りもあったという。

〈A子「こっちが橋本と撮った写真を自分のSNSで上げるのと、第三者が上げるのでは話が全然違うから。こっちが撮ったやつだから」

 B子「こっちが撮ったやつだからの前に、自分(A子)だって(私に)送ってんだから、そもそも責任はあるのは自分(A子)じゃん。自分がこっちに送ったのが悪いんじゃないの?(私たち)たいして仲良くないのに」〉