昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私はあおり運転犯に監禁された」40代女性、“恐怖の4日間”を告白

会った直後に「俺の婚約者」と母に紹介

「一緒にコンビニに入った際、領収書の書き方で店員とトラブルになり、彼は怒って喚き散らし始めた。すでに店長に警察を呼ばれているのに、私に『110番しろ!』と。パトカーが到着して別々に話を聞かれることになったのですが、そこで彼は『由美子! 手を繋げっ!』と叫んだんです」

 そう語るのは、常磐道でのあおり運転と暴行で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)と恐怖の4日間を過ごした、岐阜市在住の由美子さん(40代・仮名)である。

宮崎容疑者(茨城県警提供)

◆ ◆ ◆

 宮崎は8月18日、大阪で確保された際、そばにいた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)に「喜本、手繋いで。喜本さん!」と叫んだ。その様子をテレビで見た由美子さんは、昨年9月に味わった悪夢が甦ったという。

 由美子さんが、宮崎と過ごした4日間を告白する。

マッチングした日に奈良から岐阜へ飛んできた

「9月の日曜日の午後、出会い系サイトでマッチングした途端に、『夜ご飯どうですか』とメールが来たんです。向こうは『今、奈良にいます』というので『無理でしょう』と返すと『いやいや、向かいます』と」

 岐阜駅近くの喫茶店で午後5時に待ち合わせた2人。1時間ほど遅れて現れた宮崎は、黒いジャケットに紺のYシャツ姿で、サングラスとマスクをしていた。

「会った途端、矢継ぎ早に『不動産をやってるんだ』と喋り出し、名刺を渡された。『岐阜ならではのものが食べたい』というので飛騨牛のお店に行きました」

 すると宮崎は女性の店員にも「奈良から飛んできたんです」と名刺を渡し、「自分はこういう者です」と喋り出す。食事後、「帰る」と言う由美子さんに対し、宮崎は「せっかく岐阜に来たんだから案内して欲しい」とせがみ、黒のランドクルーザーに乗せられた。

 ここから4日間にわたる“監禁”生活が始まった。