昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ソフトバンク幹部が「やっぱり……」 楽天の携帯本格参入が遅れた理由

「第4のキャリア」を目指している楽天は9月6日、10月に予定していた携帯電話事業への本格参入の先送りを発表した。当面は利用者を東京23区や大阪市、名古屋市、神戸市在住の5000人に絞り、音声通話やデータ通信ができる試験サービスを来年3月末まで無料で提供する。

楽天の三木谷浩史会長 ©共同通信社

 本格参入が遅れた直接の原因は、基地局整備の遅れで、行政指導を3回受けている。楽天は3432カ所の基地局を来年3月末までに設置する予定だが、現時点では約6分の1の586局にとどまる。

 ソフトバンク幹部が言う。

「やっぱりという感じです。うちは後発で基地局が少なかったため、参入後しばらく、つながりにくいという批判を受けました」

 そこで街中に基地局を設置しようとしても用地確保の難しさに直面した。

「ようやく用地を見つけても、他社より高い賃料を要求された。楽天も同じ目に遭っているはずです」(同前)

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は「オペレーションで多少の問題があったが、すでに解決した」と説明した。早ければ年内にも利用者募集ができるというが、怪しむ声は多い。

「自信満々なのは、楽天のタレック・アミン最高技術責任者(CTO)とその周辺ぐらい。三木谷さんは会見で『安定稼働が確認できれば早急にフルサービスインする』と強調したが、本当は確信がないのではないか」(通信業界関係者)

 三木谷氏は携帯料金について、「他社がまねできないものになる」と胸を張る。