昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

関ジャニ横山、錦戸脱退直前のラストツアー中に”白石麻衣似ツンデレ19歳”と焼肉コンパ《スクープ撮》

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

「『今日は楽しかったです』……って言えばいいと思ってるやろ!(笑)」

 9月1日の夜、若い女性を相手に楽しげに談笑していたのは「関ジャニ∞」の横山裕(38)だ。

横山裕 ©文藝春秋

 2004年のデビューから15周年を迎えた関ジャニ∞は、9月3日に5大ドームツアー「十五祭」の千秋楽を終えた。翌4日には、東京ドームで故・ジャニー喜多川氏(享年87)のお別れ会が行われ、ジャニーズ事務所の”長男”、近藤真彦が代表で挨拶。ジャニー氏の座右の銘を挙げ、「ジャニーさんらしく、『Show must go on』。笑顔でジャニーさんを送ってあげてください」と述べた。

 だが、関ジャニの主要メンバーである錦戸亮(34)のグループ脱退とジャニーズ事務所の退所が発表されたのは、ジャニー氏のお別れ会の翌日、5日だった。前日にはジャニーズタレントの結束と再出発をアピールしていただけに、素気ない印象を抱いたファンは多い。

15年間、同じ釜の飯を食った同僚だが……

 このドームツアー中も、錦戸は孤立していた

「この夏は関ジャニにとって、まさに怒涛の日々だったと思います。メンバーからすれば、錦戸くんの脱退は『もう関ジャニとして活動を続けたくない』というワガママに映った。錦戸くんにとって最後の公演となった3日も、終演後に錦戸くんだけサッサと、他のメンバーより1時間以上早く帰ってしまった。他のメンバーも手を焼いていたそうですが、たとえ不仲だったとしても、15年間、同じ釜の飯を食った同僚として、もう少し誠実な見送り方があったんじゃないか」(芸能関係者)

 関ジャニ∞はもともと村上信五(37)、丸山隆平(35)、安田章大(35)、錦戸亮、大倉忠義(34)、横山裕、内博貴(33)、渋谷すばる(37)の8人で結成されたグループだが、錦戸の脱退で5人にまで減ってしまった。

「2006年に内くんが脱退、去年4月に渋谷くんが脱退発表、そして今回の錦戸くんの脱退で5人になってしまいました。以前はメンバー同士が仲良く、焼肉を食べに行く姿も。しかし、渋谷くんの脱退後、錦戸くんが辞めたがったことなどが原因で、メンバー同士の溝が深まっていました」(同前)

 空中分解しかけている関ジャニ。その理由はリーダーの不在にあるとも言われている。最年長の横山もまとめ役とはほど遠いという。