昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“永遠の童顔”多部未華子 “話題にならない女優”はどう開花したのか

 今年30歳になった多部未華子が主演するNHK金曜10時のドラマ「これは経費で落ちません!」が、終盤を迎えている。

初の平成生まれの朝ドラヒロインだった ©共同通信社

「今期は石原さとみ(32)や上野樹里(33)の主演ドラマが華やかな話題を振りまきましたが、その陰で人気を伸ばしたのが『これは経費で~』。メーカーの経理部を舞台に、公私混同は見過さない、堅く奥手な経理女子を多部が好演。“こんな子いそう”と思わせる演技が光っている。視聴率はこの枠としては上々の6%台。続編も検討されています」(放送記者)

 多部が所属していたヒラタオフィス(現所属は系列のヒラタインターナショナル)は女優の育成に定評がある。2002年、13歳でデビューし、先輩の宮﨑あおい(33)に次ぐ存在として期待された多部。16歳でブルーリボン賞新人賞を受賞。09年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』のオーディションを勝ち抜き、ヒロインとなった。

「しかし視聴率は伸びず、平均13・8%と当時の歴代朝ドラワーストを記録してしまった。その後は東京女子大を6年かけて卒業しつつ、ドラマ・映画と幅広く活動。業界の評価は高かったが、世間的にはあまり話題になる女優ではなかった」(ドラマ制作関係者)