昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《慶應ミスコンまた不祥事》「セクハラ行為は一切受けておりません」被害者が強要された“偽りの陳述書”と”精神科受診”

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 芸能

 ミス慶應コンテストのファイナリストである慶應義塾大学文学部1年生の濱松明日香さん(20)が、運営団体のプロデューサーA氏(40)からセクハラ被害を受けていた問題。セクハラの一部始終は前編で報じたが、加害者とされるA氏、ミスコンを運営する「ミス慶應コンテスト運営委員会」、慶應義塾大学に事実確認を行った。

11月25日に最終選考が行われるミス慶應コンテスト。濱松さんは下段中央(ミス慶應コンテスト2019Twitterより)

◆◆◆

「セクハラをした事実はない」

 A氏に電話をしたところ、本人が取材に応えた。

――8月2日夜に濱松明日香さんと会っていましたか?
「あ……わかんない……わかんないです」

――夕ご飯を食べてそのまま夜まで一緒にいた?
「食べてないと思います。僕……僕ですよね」

――はい、Aさんです。
「ないですね。僕……2日ですよね、大阪ですね」

――8月2日は大阪にいた?
「ええ」

――新宿のクラブ「X」でセクハラ行為を行ったという情報がある。
「あははは(笑)。なるほどなるほど」

――その確認だったのですが。
「まったくもってないですね」

――2日は大阪で仕事を?
「ええ、していますね。出張していますね」

――深夜にも大阪にいた?
「ええ、いてますね」

――(濱松さんが友人に助けを求める)LINEも確認している。
「僕は関与していないですね……わかんないですけど、僕は。それは濱松が?」

――情報提供です。
「あ~、なるほど。そんなことがあったんですね」

――はい。
「なるほどなるほど」

――では実際にセクハラをしたという事実はない?
「ないですね(笑)。ないですね、はい。全くないですね」

――20万円を渡そうとしたという情報もある。
「えーとね、ギャラで振り込むというのはありますけど、えーと、ギャラ以外ではもちろんないですし、えーと……ギャラ以外ではないですね」

――濱松さん以外にも振り込むと?
「無論、そうですね」

――皆さんに20万ずつを?
「そうですね、あの、まあ金額は未定ですけれども、今いろいろ撮影をしていて、えっと、まあ大きな、もうすぐ発表されるような、大きなまだちょっと口外できないんですけれども、まあいろいろ沢山あるので、日々撮影していますね」

――8月2日に大阪にいたという証拠がある?
「領収書とか多分出せると思いますよ」

――あとで送ってもらえますか?

「ええ。かしこまりました」