昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“あおり運転”ガラケー女の素顔 8歳下の宮崎文夫にハマった“1時間おきの電話”

「彼女に、私が若い男の友人と写っているSNSの写真を見せると、『何、この男の子?』と食いついてきた。『男の友達いないの?』と聞くと、すごい顔で睨まれました」(友人)

“彼女”とは、常磐道でのあおり運転の暴行犯、宮崎文夫容疑者(43)を匿(かくま)った疑いで逮捕された女性(51)のことだ。宮崎の暴行を口をへの字に結びながらガラケーで撮影していたこの女性。心の闇はどのように深まっていったのか。

宮崎文夫容疑者(インスタグラムより)

◆◆◆

 女性は川崎市で小売店を営む地主の家庭に生まれ、市内の高校の普通科に進学。

「彼女は『あの人がいい、この人がいい』と男性に惚れやすいところがありました。卒業後はデパートの販売員を経て、営業事務の仕事を探して転職したと聞いていました」(同級生)

 直近の勤務先である都内の大手AV機器メーカーには十数年前から在籍。同社関係者が明かす。

「社内では目立たない存在で、親しい人もいなさそうでした。本社で事務の仕事をしていましたが、最近、港湾の流通センター内の事務所に異動しています」

 前出の友人は、仕事の愚痴をこう聞いていた。

「社内のシステムが変わり、『事務にエクセルを使うようになったけど、苦手で作業が滞っちゃう』と。それを『産休明けで戻ってきた同僚の当たりがきつい』と周囲のせいにしていた」

母に虐待、妹とは絶縁状態

 一方で「料理が趣味」という家庭的な顔も見せる。

「『料理の投稿サイトで上位になった』と喜んでいました。週末は料理や食材の買い出しをして過ごしていた。身なりはカジュアルでオシャレに着回していましたが、かなり節約もしていました」(同前)

 ただ、感情の抑えがきかない面もあり、母を家に入れないなどの虐待をする姿が近所で目撃されている。

「母親の認知症が進んでおり、『叩いてしまったので、市に相談して施設に入れることにした』と話していた。妹とは絶縁状態で、介護のほか、亡くなった父親の相続税の処理も全部自分でやっていたようです」(同前)

孤独な生活を脱け出そうとしたのか、のめり込んでいたのが“出会い探し”だ。