昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

年下のイケメン好き。好きになると突っ走る

「彼女は年下のイケメン好き。ただ、好きになると相手の気持ちを考えないで突っ走るところがある。気に入った美容師さんがいると、店に行けなくなることも考えず、突然手作りの弁当を差し入れたりとか。30代から出会い系サイトに熱中していましたが、『マッチしてもメールを2、3回やりとりすると終わっちゃう』とぼやいていた」(同前)

 そして今年2月、出会い系アプリでマッチしたのが8歳下の宮崎だった。それから彼女は変わっていく。

「『彼氏ができたんだよね。高収入で外車に乗っていて』と嬉しそうでした。1時間おきぐらいに彼から電話がきて、メールも頻繁に返していた。幸せオーラが出ていましたね」(別の友人)

 宮崎にのめり込むうちに、2月からは「体調不良」を理由に会社を休み始める。定期的に通っていた紅茶のテイスティング教室にも、パッタリと姿を見せなくなったという。

 やがてフェイスブックには〈みなとみらいデート〉〈インターコンチ〉など、宮崎と訪ねたと思われる場所や飲食店の投稿が急増。自宅住所も都内から宮崎が所有する大阪のマンションの一室に移していた。

宮崎容疑者との関係は続くのか

「8月6日が彼女の誕生日でしたが、LINEに『おめでとう』と送っても既読にすらなりませんでした」(前出・友人)

 その4日後に宮崎と事件を起こし、18日に大騒動の末、逮捕されてしまった。

 警察の聴取に対し、女性は宮崎の暴行を「割って入ってでも止めればよかった」などと供述。その一方で、「面会に来る身内がおらず、自分から弁護士を通じて、知人らに面会を求めている」(捜査関係者)。

 身勝手な暴走の果てに残ったのは、孤独だけだった。

出典元

「報ステ」責任者<CP>が出演アナ“キス告発”で解任された!

2019年9月12日号

2019年9月5日 発売

定価440円(税込)

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー