昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

少女に馬乗りで殴打……中2男子の暴行動画が拡散 「実名さらし」する人々の“目的”

 草むらに横たわる少女の腹を少年が蹴り上げ、馬乗りで殴打。少女は立ち上がるも首を絞められ、最後は跳び蹴りで倒される。周囲では仲間の笑い声が……。

 9月上旬、東京都江戸川区の河川敷で発生した暴行の様子の動画がツイッターに投稿され、ネット上に拡散。加害者は同区立中学2年生の男子生徒で、被害者は別の中学に通う同学年の女子生徒だった。

画像はイメージです  ©iStock

 社会部記者の解説。

「動画が撮影されたのは今年5月上旬。女子生徒と母親は葛飾署に被害相談したが、その後、取り調べに応じなくなってしまった。男子中学生はまだ13歳なので、警察としては非行事案として児童相談所に送致するのが精一杯のようです」

 暴力をふるった男子中学生と同じ中学に子供を通わせる保護者はこう嘆く。

「動画が拡散されてから、学校に街宣車が乗りつけるなど、大きな騒動になりました。9月6日に保護者説明会が開かれましたが、副校長は『大丈夫です。こんなことでうちの中学はダメになりません』と繰り返すだけで、非常に頼りない印象を受けました」

 現時点では暴行も動画が拡散したきっかけも、地元の不良グループの内輪揉めとみられている。だが、ネット上では、グループの中に主犯格の上級生がいるとされ、加害者と共に名前や顔が拡散されてしまった。