昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

被害者は外部との接触を遮断されていた 池袋ホテル「布団圧縮袋殺人」の怪

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 東京・池袋のラブホテルで布団圧縮袋に入った女性の遺体が見つかった事件。警視庁は9月18日、埼玉県入間市在住の大東文化大学4年生、北島瑞樹容疑者(22)を殺人容疑で逮捕した。

殺人容疑で逮捕され、警視庁池袋署に入る北島瑞樹容疑者 ©共同通信社

削除されていたツイッター

 9月12日夜、池袋のホテル2階の客室で、江東区南砂に住む無職、荒木ひろみさん(36)の首を圧迫し窒息死させた疑いで逮捕された北島容疑者。荒木さん殺害後、服を着替えてホテルを出て池袋駅へと向かったが、その姿も防犯カメラに残されていたという。

「防犯カメラの追跡から身元が割れ、さらに北島容疑者の自宅からは荒木さんの携帯電話など遺留品も出ています。北島容疑者は殺人容疑を認めており、『手で首を絞めた』という趣旨の供述も始めている。荒木さんとのツイッターでのやりとりは既に削除されていますが、解析は続いています」(捜査関係者)

 荒木さんの遺体は、手足が縛られた状態で布団圧縮袋に入れられ、さらにその上からシーツが掛けられていたことから、事件の発生当初から、その動機が捜査のカギと見られていた。

現場のラブホテルは外国人犯罪やトラブルも増えている池袋北口方面にある ©文藝春秋