昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《さいたま小4男児殺害》義父を逮捕「父兄の間でも何をやっている人なのかと話していた」

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 埼玉県さいたま市見沼区の教員住宅で、この住宅に住む小学4年生、進藤遼佑くん(9)の遺体が見つかった事件。埼玉県警は9月19日、死体遺棄の容疑で、同居する父親で無職、進藤悠介容疑者(32)を逮捕した。住宅街を震撼させた事件は、家庭内の犯行という悲しい結末となった。

 悠介容疑者は調べに対し、19日になって遺棄について容疑を認め、殺害をほのめかす供述も始めているという。社会部記者が語る。

事件現場となった教員住宅 ©文藝春秋

「事件発生当初から、自宅周辺以外に警察官の出入りがほとんどなかったため、通り魔的な犯行ではなく、犯人は絞られている印象がありました。実際に県警は、18日の事件発生時に自宅に一人でいた父親の悠介容疑者に絞って捜査していて、あとは『いかに落とすか』という状態でした」

 悠介容疑者は母親の再婚相手だった。近隣住民によると、悠介容疑者を見かけるようになったのは、2年ほど前からだったという。遼佑くんの同級生の父親が明かす。