昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“なんちゃらペイ戦国時代”で成毛眞が「最強はSuica」と断言する理由

数年でキャッシュレス決済の大半は淘汰されていく

Suicaなら「ピッ」とかざすだけ

 ほぼ全ての買い物にキャッシュレス決済を用いるという成毛氏だが、いったいどの決済手段を使っているのか。

「普段の買い物は主にJR東日本のSuicaを使っています。とにかく決済速度が速い。お店にある読み取り端末に『ピッ』とかざすだけ。10分の1秒で決済が完了します。新幹線や在来線だけでなく、コンビニや百貨店などの支払いにも対応していますから、これだけあれば不便さを感じることはありません。Suicaのように優れた決済手段があるにもかかわらず、なぜQRコード決済ばかりに注目が集まっているのか、私には理解できません」

QRコード決済はとにかく手間がかかる

 成毛氏は「なんちゃらペイ」は「未来の決済手段」でもなんでもない、数年でその大半は淘汰されていくと確信している。その理由とは――。

文藝春秋10月号

「文藝春秋」10月号に掲載した「『Suica』が最強のキャッシュレス決済だ」では、成毛氏がSuicaを「最強」だと考える理由に加え、なぜ中国でQRコード決済が爆発的に普及したのか、「なんちゃらペイ」生き残りの鍵となる技術、Suicaが今後とるべき戦略、そして日本企業が取り組むべき未来のキャッシュレス決済についても詳述している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー