昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《さいたま小4男児殺害》「人にやさしく」と綴った高校時代 義父は保育の仕事を目指していた

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

「帽子を探すように注意したら、『本当の親じゃないのに』と文句を言われ腹がたった」

 埼玉県さいたま市見沼区の集合住宅で、小学4年生の進藤遼佑くん(9)が殺害された事件。遼佑くんの遺体を遺棄したとして逮捕された義父で無職、進藤悠介容疑者(32)は警察の取り調べに対して、このように供述したという。

 逮捕された9月19日には、殺害についても「首を絞めて殺した」と供述し始めているという悠介容疑者だが、高校時代の卒業アルバムには、今回の犯行とはほど遠い言葉が残されていた。

〈これからも人にやさしくできる自分でいられますように〉

高校時代の進藤悠介容疑者(卒業アルバムより)

高校時代は“陰キャラ”グループ

 広島県呉市出身の悠介容疑者は、広島市内にある私立中高一貫の進学校に通っていた。同級生が当時の様子を語る。

「大人しくおっとりしていて、学校では決して目立つタイプではなかった。周りの友人も同じようなタイプが多く、イケてる人たちとは違う、いわゆる“陰(いん)キャラ”グループ。印象に残っているのは、ハンディのある同級生にも、分け隔てなく接していたこと。優しいイメージのある生徒でした」

大宮東署を出る進藤悠介容疑者 ©吉田暁史

 当時はコンピューターやゲームなどの話をしていた印象が強いという。

「まだインターネットがそれほど流行っていなかった頃でしたが、高校時代から物珍しいパソコンやゲームの話をしていた記憶があります。友人からは『監督』というあだ名で呼ばれていました。ただ旧姓の読み方が巨人の長嶋茂雄監督と同じというだけで、彼が野球部だったり、野球好きという訳ではありません」(同級生)

 高校卒業した後は広島を離れて、関東地方の私立大学に入学。その後、東洋大学社会学部に再入学して、社会福祉を学んだ。