昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

関わる人全員に対して“目配り気配り”

「丸山は、とにかく気を遣うことができる人間です。関ジャニメンバーや現場のスタッフ、飲食店の店員さんなど、関わる人全員に対して“目配り気配り”ができる。例えば、取材スタッフに対しても『前回、○○スタジオの取材でお会いしましたよね! 覚えてますよ』とひと言添えてみたりする。スターになると、気分が乗らないとか、体がだるいとき、それが態度に出てしまうものですが、丸山は現場入りするときも『お疲れ様です!』と最初から明るい。場の空気を読んで、どの仕事現場でもスタッフ受けがいいのです」(ジャニーズ事務所関係者)

楽器店には友人らと訪れていた丸山 ©文藝春秋

 謙虚な仕事ぶりが認められ、ここ数年、丸山はグループ以外での活動も増えてきている。

「関ジャニ∞といえば、錦戸や村上、横山などが目立つイメージですが、丸山もソロで頑張っているんです。2014年にはテレビドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)でゴールデンタイムの連ドラ主演を果たし、2015年からは週末の情報番組『サタデープラス』(TBS系)のメインキャスターも務めています。2017年には『泥棒役者』で映画主演も果たしています。今年4月には、化粧品『シンプルバランス』のCMに単独で出演しています」(同前)

店内では試し弾きなどをしていた ©文藝春秋

 関ジャニ結成以前、丸山は関西ジャニーズJr.内のバンドユニット「V.WEST(ファイブ・ウエスト)」で活動し、当時からベースを担当していた。

「丸山くんは10代の頃からベースを担当していて、周囲からもなかなかの腕前と評価されています。2017年7月11日の深夜に放送の『魁!ミュージック』(フジテレビ系)で、人気バンド『OKAMOTO'S』のベーシスト、ハマ・オカモトさんが丸山くんのベースを絶賛していて、共演していた亀田誠治さん、Dragon AshのKenKenさんなども『いいよね!』と褒め称えていました」(音楽業界関係者)

丸山は再び楽器店へ戻った ©文藝春秋

 ベース演奏は丸山にとって単なるビジネスではなく、本当に好きなのだという。冒頭の場面、楽器店を訪れた丸山は、一度店を後にすると近くのカフェへ移ったが、しばらくすると、丸山は再び楽器店へと戻っていった。