昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

「楽器店の中で丸山くんはベースについて店員さん2人、友人2人と喜々として話していました。友人が弦を張り替えていたのか、『これがいいんじゃないか。いやこっちかな』などと会話をしていて、本当に楽しそうでしたね。自分自身も試し弾きしたり、触ったりしていました。最終的には丸山くんは何も買わずに店を出ていきました」(居合わせた客)

 前出の音楽業界関係者は、「丸山くんは、目立たないところでグループを支えている所もベーシストという感じがしますね」と話す。全体の中で自分がどういう立ち位置をとるべきか。丸山は若い頃からそういった立ち回りのできる男だったという。

丸山のベースの演奏技術は高いと評判 ©文藝春秋

「2002年頃だったと思いますが、丸山は『V.WEST』としての活動を終えるときも、ファンに向けての挨拶の場面で、少しダルそうにしていた同ユニットのメンバーだった内博貴(33)に対して、『最後までちゃんとしよう』と声を掛けていた。その後に関ジャニを結成するわけですが、2006年に内が関ジャニを脱退する際も、なるべく暗い雰囲気にならないようにしていたのは、丸山でした」(前出・ジャニーズ事務所関係者)

マジメな丸山が麻生久美子似の女性店員に……

 そんなマジメな丸山だが、まとまらないグループの憂さ晴らしか、最近は都内のイタリア料理店で酔って店員女性をナンパしていたという。

「ふた月ほど前ですが、丸山くんが後輩2人を連れて3人で飲んでました。目黒区のお洒落なイタリアンです。炭火で肉を焼いたりしている厨房が見渡せるオープンキッチンが売りの人気店。丸山くんはお酒を飲んで上機嫌でした。気分が盛り上がったらしく、美人の女性店員さんに積極的に話しかけていたのですが、こういうのは後輩がやる事じゃないのかなと思いながら見ていました。

「目立たないところでグループを支えている所もベーシスト」と評判の丸山 ©文藝春秋

 女性店員さんは明るめの髪色で長さはボブくらい。色白で女優の麻生久美子さん似の綺麗な顔立ちの方でした。ホールには彼女1人でテキパキ動いていて、仕事が出来る女性という印象でした。

 そんな忙しそうな女性店員さんに、『よくこの辺でお酒を飲まれるんですか?』と丸山くんが話しかけ、『そうですね』と言われると『え、じゃあ今度一緒に飲みに行きましょうよ!』と誘っていました。しかし、女性店員さんは『機会があったら是非~』と上手にいなしていました。端で見ていても、『丸山くん、軽いな! 断られているし!』と、思わずツッコミを入れたくなるような会話でした(笑)。ナンパは失敗してましたが、終始和やかな雰囲気だったので、さすが丸山くんだなと思いましたね」(居合わせた客)

 場を丸く収める男、丸山。崩壊しかけている関ジャニを丸く収めることはできるのか。

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(9枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー