昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

財務省出身 石川県総務部長「どう落とし前をつけるのか」“叱責”音声

 吉住秀夫・石川県総務部長(45)が、予算査定を巡り、健康福祉部長を「あんた、失礼もいいところでしょうが!」、「どう落とし前をつけるんですか!」などと厳しく叱責していたことが、「週刊文春」が入手した音声記録から分かった。

 吉住氏は1999年に一橋大学を卒業し、大蔵省(現財務省)に入省。現在は石川県に出向中で、今年4月、2人の副知事に次ぐナンバー4の総務部長に就任した。

「石川県総務部長は、東京五輪の組織委員会事務総長を務める武藤敏郎元次官も務めたポスト。吉住氏は同期の中でも上位グループで、評価も高く、将来を期待されています」(財務省幹部)

石川県庁 ©時事通信社

“事件”が起こったのは、8月7日午後1時30分。9月の議会で審議する補正予算についての総務部長査定の席だった。

 吉住氏は、健康福祉部長に詰め寄り、「財務省主計局の了解なしに首相官邸に説明にいくようなもん。そんな愚かなことをしたところは、予算は悲惨なことになる。どう落とし前をつけるんですか!」と机を叩いた。

 当初1時間の予定だった会議は、わずか5分で終了。その後、正式に査定する会議は開かれないまま、予算案は議会に上程された。

 県庁職員によれば、吉住氏は「総務部長査定の前に、健康福祉部長が知事に関連予算の説明をしていたことに怒っていたようです。ただ、この説明は知事サイドの要望によるもので、吉住氏の部下も同席していたのですが……」。

谷本正憲知事は自治省(現総務省)出身 ©共同通信社

 吉住総務部長は、週刊文春の対面取材に応じて、一連の言動をこう謝罪した。

「興奮して大声を出したり、机を叩いたり、横柄な態度や職員を萎縮させたことはお詫び申し上げたい。深く反省しております」

 9月26日(木)発売の「週刊文春」では、対面取材前日に携帯で直撃した際には別の反応を見せていた吉住氏の発言や人物像、査定会議の模様などを詳しく報じる。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(2枚)

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

出典元

文在寅<大統領>と玉ネギ法相 虚飾の履歴書

2019年10月3日号

2019年9月26日 発売

定価440円(税込)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。