昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《NGT裁判速報》被告男性が山口真帆と”私的つながり”主張「マンション廊下などで会い衣服やアクセサリー等を贈った」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, 社会

 NGT48の元メンバー・山口真帆(24)に対する暴行事件をめぐり、運営会社「AKS」が暴行容疑で逮捕(不起訴)された男性ファン2人に対して3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判で、9月24日に裁判資料の一部が開示された。

山口真帆(NGT時代のHPより)

 AKS側が提出した証拠の一覧には、NGTメンバーの名前の一覧やそれぞれのメンバーへの誹謗中傷の書き込み、第三者委員会の報告書のコピー、劇場公演やツアーが中止に追い込まれた総額1億円以上にわたる請求書のコピーと共に、事件の経緯が書かれたブログ、新潟日報の記事や女性週刊誌の記事も添えられていた。「週刊文春」の記事は添付されていなかった。

 一方、被告側は、提出した22枚にわたる「被告ら第一準備書面」(※以下、準備書面)で、山口への暴行の事実はなく、かつ被告らの行為と原告の損害には因果関係がない、そして、山口と被告の間には私的な“つながり”があったと主張している。準備書面は、A氏(※準備書面では「被告1」と表記されている)と山口の関係性をア~オの5項目にわたって、以下のように記述している。(※は編集部註)