昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 社会, 芸能

被告2に同席してもらい緊張をなくそうと考えた

(2)被告1が被告2を誘ったこと
 被告1が山口氏と面会している様子を他人に見られたら困ることから第3者の目につかない場所で山口氏と話したいと考えた。被告1は平成30年11月頃本件マンション●●●号室(※山口の向かいの部屋)を賃借、以来同●●●号室(※山口が住む部屋とは別の階)とともに●●●号室(※山口の向かいの部屋)を使用。被告2は本グループの熱心なファン、D(※メンバーの名前)を応援していた。被告2は本グループのメンバー間では明るい性格のひょうきんものとしてイメージを持たれていて話し合いに同席してもらい緊張をなくそうと考えた。
 12月8日、被告2に対し本日山口氏のマンションの前で話し合いをしたいので協力してほしいと伝えたところ被告2は承諾した。
 そして、被告1と被告2とは、山口氏を熱心に応援しているファンである被告1がいきなり声をかけると、山口氏としては、自己のファンが自己に対する思いを募らせ、思いあまって、自己の居宅を訪ねてきたと誤解して、身構えてしまうのではないかと考え、まず、被告2が山口氏を呼び止め「被告1が話をしたいと言っているので、会ってもらえないか」と声をかけることにした。
 なお、被告1と被告2とは、上記のとおり、被告1において、山口氏と話し合いをすることで、ダイレクトメッセージをやりとりするなどのつながりを回復させようとしていたものであり、山口氏に対して暴力を振るうつもりなど全くなかったものであり、したがって、暴行の共謀をしていない。

新潟市内にあるNGT劇場 ©文藝春秋

被告1は「他のマンション」でシャワーを浴び……

(3)被告1及び被告2が本件マンション●●●号室(※山口が住む部屋)に向かった状況
 被告1は、平成30年12月8日当時、本件マンションの●●●号室(※山口が住む部屋とは別の階)及び●●●号室(※山口の向かいの部屋)を賃借していたことは、前記のとおりであるが、甲とともに新潟市内に他のマンションも賃借しており、このマンション(以下「他のマンション」という)を生活の拠点にしていた。
 被告1は、山口氏と話をするために、身だしなみを整えようと考え、他のマンションでシャワーを浴びた上、被告1の所有しているジャケットの中では一番高級なモンクレールのジャケットを着用した。そして、もし、山口氏が応じてくれるのであれば、山口氏とともに本件マンション●●●号室(※山口の向かいの部屋)内で、少し酒を飲んだりもしたい、などと考えて、コンビニエンスストアで酒類を購入した上、被告2とともに、午後8時前頃、本件マンション●●●号室(※山口の向かいの部屋)に赴いた。