昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《虐待保育施設》立ち入り調査後に“犯人探し”「○○ちゃんのパパが怪しい」 園長は直撃に開き直り

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 前編では、東京・足立区の認可外保育施設(ベビーホテル)「X」で臨時職員として働くR子さんが、施設で日常的に行われている虐待行為について告発した。

 「X」では介助者なしに暗い部屋で1歳半前後の幼児をひとりで食事させる、泣き止まない幼児を“お叱りベッド”に入れて長時間放置したりする、厚紙製のバインダーで幼児の頭をはたくなど、重大な事故に繋がりかねない行為が日常的に繰り返されていたという。

児童相談所に通報し、虐待の様子を詳細に説明

 2019年6月11日、R子さんはこのような行為を足立児童相談所に通報した。その2日後の6月13日、東京都福祉保健局の保育施設検査担当の職員が「X」に調査に来ている。R子さんが語る。

立ち入り調査当日の資料 ©文藝春秋

「全職員にアンケートが配られ、個別のヒアリングが2日かけて行われました。私も都職員の方3人に、1時間虐待の詳細を説明しています。ほかのパートの方も、同じように虐待について訴えたようです」

 6月27日、都は立ち入り調査についての結果を「X」に通知している。そこには具体的な問題行為とともに、《児童の人権に対する十分な配慮に欠けているので是正すること》と明記されている。その下にはA園長の筆跡で、都の担当者から《十分に改善を期待できるし、よりよい園づくりをしてもらえると内部会議で話が出た》と言われたと書かれている。 

調査が終わった後に始まった“犯人探し”

 7月8日、「X」は都へ改善状況報告書を提出している。そこには調査時に指摘された内容に対し、《子どもへの接し方を見直していく》などの対応策がA園長の筆跡で記されていた。

 しかしそれから約2カ月、虐待行為は改善されることなく続いたという。

「人権を配慮した保育」「変わるキッカケを皆で探す」などのメモ書きも ©文藝春秋

「AさんやBさんも少しは反省してくれたのではないかと思っていたのですが、調査が終わって始まったのは“犯人探し”。AさんとBさんは『●●ちゃんの保護者が怪しい』などと話し合っていました。気に入らないことをした子に対して『また私たちが通報されるからやめてよ~!』とふざけて言っていたこともありました」(同前)