昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

薄味の水っぽいスープ……「佐野らーめん」が失墜した日《佐野SAスト39日間の軌跡》

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 企業

 39日間に及んだ東北道・佐野サービスエリア(SA)のストライキが終結した。

 全面再開となった9月24日朝11時、駆けつけたメディアを前に加藤正樹元総務部長(45)が声を詰まらせながら、こう挨拶した。

「本日、ストライキ状態から従業員が復帰しました。今後、今までよりもレベルアップした従業員一同、全力でがんばりますので皆さんよろしくお願い致します」

全面再開した朝、レストラン前で挨拶する加藤氏(右端)と従業員(9月24日) ©文藝春秋

 お盆から続いていたストライキだった。加藤氏と並んで、頭を下げた従業員たちの制服も、アロハシャツから長袖の秋冬の制服に衣替えしていた。

「週刊文春デジタル」では、この異例のストライキを密着取材していた。そこで目の当たりにしたのは、突然に仕事場を失った従業員の苦悩、そして“敗北”直前まで追い込まれた加藤氏の、従業員を道連れにしたことへの葛藤だった。

発端は商品の納品が止まったこと

 ストライキの現場となった佐野SA(上り線)は、年間170万人もの利用者を誇るSAだ。近年はご当地ラーメンとして有名な「佐野らーめん」がレストランやフードコートの看板メニューとなり、多くのファンを集めていた。

 そんな人気のSAに異変が起こったのは、初夏のことだった。ストライキに至る経緯を振り返っておこう。

「7月頃から取引業者の商品の納入がなくなり、バックヤードには商品がほとんどない異常状態に陥っていたんです。原因はケイセイ・フーズの親会社の不安定な経営状態を銀行が認知して、6月に新規の融資を凍結したことでした。信用がなくなることで取引業者は商品を置くことをリスキーだと考えたのです」(加藤氏)

 加藤氏は昨年5月にケイセイ・フーズに入社。以前に勤務していた商社での経験を活かして、商品紹介のポップに工夫を凝らすなど、さまざまな企画を進めて、現場の士気が上がっている最中の出来事だった。