昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コンビニに停まっている車を……“あおりエアガン男”40歳のあきれた“盗みの手口”

「ニュースを見て、すぐに竜彦だなと思った。昔から何も変わっていない。40になっても、悪ガキのままなんですよ」(古い友人)

 東名高速道路(愛知県日進市付近)で前を走る車を執拗に煽り、運転席の窓からエアガンをぶっ放した佐藤竜彦(40)は、筋金入りの小悪党だった。

悪ガキだった佐藤(沖田臥竜氏提供)

◆ ◆ ◆

「凶暴な男に思えるが、たいしたタマじゃない」

 9月8日朝、クレイジーな行為を即座に110番通報された佐藤は、その約80分後、車の燃料切れで停車していたところを警察官に発見されたが、30代の同乗女性を残して逃走。車内からは、エアガン一丁と約2000発のプラスチック製BB弾が見つかった。

「愛知県警が器物損壊容疑で逮捕状を取り、行方を追っていた。犯行時に乗っていたトヨタ・ヴェルファイアは今年7月に横浜市内で盗まれたもの。乗せていた女性はSNS(交流サイト)でその日知り合ったばかりだった」(捜査関係者)

 佐藤は14日、「京都の兄貴分」とされる知人に付き添われ、地元の兵庫県警尼崎東署に出頭した。

 アウトロー事情に詳しい作家の沖田臥竜氏が明かす。

「竜彦は中学の3つ下の後輩なんです。若い時からエアガンをタクシーや動物に向けて撃って、面白がるような奴で。凶暴な男に思えるかもしれませんが、そんなたいしたタマじゃありません。喧嘩したなんて話もない。地元の暴走族にも入っていましたけど、頭(ヘッド)とかじゃなく、単車をフカす技術が上手いだけ。むしろ、口が達者で人に取り入るのが上手いんです。よその地域の奴とも、すぐに仲良くなっていました」

押収されたエアガンなど ©共同通信社

 佐藤は、尼崎市北部の街で生まれ育ち、地元の小、中学校を卒業した。中学の同級生が振り返る。

「お堅い勤め人家庭の育ちで、家には門限もありました。弟は真面目でしたが、竜彦は両親が寝静まった夜中に家を抜け出しては遊んでいました。バイクを転がしたり、河川敷でエアガンを撃ったり。あいつは20歳くらいの頃、地元の地域を離れていったので、会う機会もなくなりました」