昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

慰安婦と売春婦は「似たようなもの」発言の韓国名門大教授がついに告訴された!

“聖域”に触れて社会的抹殺の危機

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 政治, 国際

 韓国の名門大学、延世大学(ソウル市)の柳錫春・社会学科教授(64)が、大学の講義で「慰安婦を売春婦と同一視し、元慰安婦の名誉を毀損した」として、猛烈な非難にさらされている。

 柳氏はこの問題で、ソウル・日本大使館前に「慰安婦像」を設置したことでも知られる韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)を前身とする「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)から名誉毀損で告訴されて、ついに法廷に立つことになりそうだ。

現地テレビでも柳錫春教授(左)の発言は大きく取り上げられた(KBSテレビHPより、9月23日)

「知りたいなら、一度やってみますか」

 柳氏は9月19日の講義で、慰安婦について「(売春婦と)似たようなものだ」と発言。さらに、韓国メディアによれば、慰安婦について、次のような“問題発言”をしたという。

「売春の理由は貧しさのためだ。昔もそうだった」

「日本が強制連行したという記録はなかった」

「(慰安婦問題の)直接的な加害者は日本ではない」

「日本がとんでもない国として扱われるのは韓国だけだ。日本は世界的な大国だ」

 これらの発言に、講義を受けていた学生らは反論。

「日本がいい仕事をあげる、教育を受けられるとだまして、ハルモニ(元慰安婦の女性)たちを連れて行ったのではないか」「慰安婦の被害者が自発的に行ったということか」

 と教授を問いただした。

 柳氏はこれら学生の質問に「今も売春に足を踏み入れる過程はそんなものだ。知りたいなら、一度やってみますか」と答えたという。

 この講義での柳氏の発言の一部は、何者かによって録音されており、ネット上で拡散された。