昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大阪の人気たこ焼きチェーン「くくる」商標めぐり全国でトラブルが続発!

source : 週刊文春デジタル

genre : ビジネス, 社会, 経済

 大阪土産を求める客で連日賑わう東海道新幹線の新大阪駅。「串カツ」「ねぎ焼き」といったご当地グルメが並ぶフードコードで一際長い行列が出来ているのが大阪名物の代名詞「たこ焼き」を販売する「たこ家道頓堀くくる」だ。道頓堀に本店を構え、全国に50以上の支店を持つ人気チェーン店である。

 そんな人気チェーンの商標をめぐって、日本各地の個人店とトラブルが起きていることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

「道頓堀くくる」JR新大阪駅店 ©文藝春秋

たこ焼き、お好み焼き業界では3本の指に入る

「たこ家道頓堀くくる」を経営するのは、大阪に本社を持つ「白ハト食品工業株式会社」。同社は1959年の創業。街のアイスクリーム屋からスタートした。

「さつまいもを使った芋菓子で有名な『らぽっぽ』を出店して大当たり。その後、たこ焼き屋の『くくる』の全国展開も進めています。両店ともに駅ナカ、デパ地下を中心に店舗数を拡大していて、2010年の上海万博では日本産業館にも出店し、シンボルの巨大タコの立体看板は話題を呼びました。白ハト食品の昨年度の年間売上は60億円以上。たこ焼き、お好み焼き業界では3本の指に入る大手です」(経済紙記者)

 その白ハト食品の代理人弁護士から、いま全国の「くくる」という名前の個人飲食店主に、次々と内容証明が届いているのだ。静岡県沼津市で「やきとり居酒屋くくる」を営む店主Aさん(40代・男性)は肩を落として、こう話す。

沼津市にある「やきとり居酒屋くくる」の看板 ©文藝春秋

「自分は17歳まで沖縄の石垣島で育ちました。沖縄の言葉で『くくる』って、『こころ』って意味なんです。現地の人なら皆が知ってる言葉。だから、看板にも『くくるこめて焼いてます』って書きました」