昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ビールかけで大はしゃぎ……巨人優勝で大ヒンシュクを買った国際部長の“珍行動”

 原辰徳監督(61)のもと5年振りのセ・リーグ優勝を果たした巨人の祝宴で大ひんしゅくを買った人物がいる。

「5月に山口寿一オーナー(62)の肝いりという触れ込みで就任した春川正明国際部長(58)です」

 こう語るのはスポーツ紙の巨人担当記者だ。

「優勝後のビールかけは、巨人ではフロントスタッフのいわゆる背広組は参加しないのが伝統。ところが春川部長がその禁を破ってビール片手に大はしゃぎして、一部のフロントが苦虫を噛み潰したような表情で眺めていました」

5年ぶりのセ・リーグ優勝を果たし、胴上げされる原辰徳監督 ©時事通信社

 春川部長は関西大学出身で大学まで野球部に所属。関大卒業後に日本テレビ系の読売テレビに入社し、社会部などで活躍した。米ロサンゼルス支局勤務なども経験したエリートで解説委員時代には人気情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」等にコメンテーターとして出演。「ミヤネ屋」ではロサンゼルス時代の経験も生かした大リーグ通の阪神ファンとして知られ、今年の5月にその経験を買われて“ライバル球団”巨人の国際部長に就任した。

 就任直後は「ヤンキースとの提携強化」を掲げニューヨーク事務所を中心に活動という触れ込みだったが、就労ビザが取れずに当面は日本でチーム帯同となった。