昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

頼まれてもいないのに球拾い……春川部長の“珍行動”

「ところが頼まれてもいないのに試合前の練習で外野を守って球拾いをしたら、選手と激突するという騒動を起こし、原監督に大目玉を食らっています。『ミヤネ屋』に出て自分が有名人という意識が強く、マツダスタジアムでは球場入りするなり、まったく面識のない緒方孝市監督にいきなり挨拶に行って『だれ、あの人?』と訝られるなど、珍行動で周りをハラハラさせていました」(同前)

宝塚マニアでもある春川部長

 ビールかけは、選手と選手を支えた打撃投手やブルペン捕手ら裏方さんのお祝い行事というのが球界の常識だ。過去にはソフトバンクが日本一になった際に孫正義オーナーがビールを頭から浴びてはしゃぐ姿が話題となったが、それはオーナーの特権。となれば春川部長の行動は孫オーナー並みの権力者と勘違いしていると言われても仕方ないもので、良識派が眉をひそめるのも当然だった。

 肝心の国際部長としては6月に獲得したルビー・デラロサ投手が守護神として優勝の原動力となりひと安心というところだが……。

「春川部長は『僕が獲ってきたデラロサ』と胸を張りますが、就任前からリストアップされていた選手なので、これも春川部長の功績なのかどうか……。チーム内では早くアメリカに行って欲しいという声が大勢を占めています」(同前)

 これほど米国行きを期待された男もいないはずだ。

出典元

菅原一秀経産相「秘書給与ピンハネ」「有権者買収」を告発する

2019年10月17日号

2019年10月10日 発売

定価440円(税込)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー