昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ラグビー日本代表、スコットランドを撃破! リーチマイケルが「日本に恩返しがしたい」というあの出来事

初の決勝トーナメント進出

 前回W杯の南アフリカ戦で勝利した「ブライトンの奇跡」から4年、ラグビー日本代表は10月13日、激戦の末28-21でスコットランドに勝利し、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。

 その立役者となったのが、共にニュージーランドにルーツを持つ、主将のリーチマイケル(30)と、ヘッドコーチ(HC)のジェイミー・ジョセフ(49)だ。

◆ ◆ ◆

ケガを乗り越え3度目のW杯に挑む

「寡黙ですが、本当に周囲に好かれる子」

 ニュージーランド人の父とフィジー人の母を持つリーチが日本にやってきたのは2004年、札幌山の手高校に入学した15歳の時。来日当初は札幌市で寿司店を営んでいた森山修一さん、久美子さん夫婦の家にホームステイしていた。久美子さんが思い出を語る。

「約1年、うちに下宿をしていましたが、お箸も上手に使ってましたし、寿司も天ぷらも、なんでもよく食べましたよ。ただ、お米を食べる習慣がなかったから、どんな食事でもお米が出てくるのに、最初は少し戸惑っていましたね」

 夫の修一さんも当時のリーチの印象をこう語る。

「寡黙ですが、本当に周囲に好かれる子でした。当時、30センチのマイケルの足に合うスパイクは札幌に売っていなくて、彼はボロボロのスパイクをテープで補修しながら履いていたんです。それを見かねたある父兄が、わざわざインターネットでスパイクを探して、彼にプレゼントしてくれたことがありましたね」

 リーチには高2の時、大きなショックを受ける出来事があったという。

「ニュージーランドの実家が火事になってしまったんです。その時、高校の佐藤幹夫監督が中心となって、保護者やOB、学校関係者、チームメイトに募金を呼びかけると、約70万円も集まった。マイケルは今でも感謝していて、『日本に恩返しがしたい』と言ってくれています」(同前)